コラム
» 2019年11月18日 11時30分 公開

日本一の急坂!? 「勾配37%」の激坂が「東京」にあった【写真23枚】 (2/3)

[少年B,ねとらぼ]

ついに「勾配37%」の坂に到着 想像以上の激坂っぷりに吹き出す!

 ついに「37%」の警戒標識が姿を表しました! うおお、こんな数字初めて見た!!

これが日本でいちばん大きい数字といわれる勾配37%の坂! これが日本でいちばん大きい数字といわれる勾配37%の警戒標識!

 さて、この勾配を示す「%」は、100メートル水平に進むと何メートル上下するかの率を表します(関連記事)。今回の警戒標識を例にすると100メートル前に進むと、37メートル下る坂ということ。37メートルというと10階建てくらいの結構大きな商業ビルくらいでしょうか。

 勾配37%の坂は、角度に直すと20.3度に相当します。「何だ、それくらいか」と思うかもしれません。スキー場で中斜面クラスのゲレンデがこのくらいの角度。スキーに慣れた人が滑って気持ちのいい角度ということで、その急さも想像できるんじゃないでしょうか。

 で、ですよ。「実際に見てみる」と、その辺がどうでも良くなるほどとんでもない角度です。

 近づいていくと車止めがあります。そもそもクルマは通過できないのです。そしてその先が見えず、さらに角度が急になっているようです。ん、何やら様子がおかしい……?

「急こう配走行注意」の看板 再度注意を促す「急こう配走行注意」の看板
近づいていくと、車止めの先でさらに角度が急に その先は車止め。さらに先はもっと角度が急になっている!

 これは……すごい坂だ……! 坂の下にはゴム製の車止めがありましたが、普通は垂直に設置するものですが、急坂すぎてできないのか、斜めに付いていました。う、うそだろ……?

これが37%の坂の全貌だ! これが37%の坂の全貌だ!
坂の下の車止めは斜めになっています ゴム製の車止めは、もう諦めて「斜め」に付いていた
坂の途中で立ってみました 坂の途中で立ってみた。アキレス腱がよく伸ばせる。これを水平にするとマイケル・ジャクソンのスムーズ・クリミナル斜め立ちごっこができる

 坂の途中で立ってみると、ぐぎぎぎぎ……ものすごくふくらはぎの運動になりそうです。一歩足を踏み出すごとに、もれなく屈伸運動が付いてきます。健康的だ!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10