ニュース
» 2019年11月18日 13時29分 公開

ペイペイのユーザー数が2000万人突破! キャッシュレス決済サービストップを独走中

急速な伸び率には、キャンペーンが大きくかかわっていそう。

[ねとらぼ]

 PayPay(ペイペイ)は、キャッシュレス決済サービス「PayPay」の登録ユーザー数が、2000万人を突破したことを11月18日に発表しました。2000万人を突破したのは、11月17日。ペイペイは国内キャッシュレス決済サービスの登録者数でもトップを独走しています。

PayPay登録ユーザー2000万人突破<A HREF="> ペイペイ公式サイトより

 ペイペイは、ソフトバンクグループが力を入れているキャッシュレス決済サービス。大規模な還元キャンペーンが注目を浴び(関連記事)、登録者数を増やしてきました。現在は、加盟店数が170万カ所を突破、サービス開始からの累計決済回数は3億回を超えています。

 10月1日に1500万人を突破した後の登録ユーザー数は、1日あたり10万人以上と大きく増加。これは、同じく10月1日にスタートした政府主導の「キャッシュレス・消費者還元事業」の影響に加え、ペイペイが実施した「PayPay感謝デー」などのキャンペーンが大きく働いたものと考えられます。

PayPay登録ユーザー2000万人突破 還元キャンペーンが会員数の増加につながっていることが分かります

 ペイペイでは今後も、12月1日から還元事業の5%還元対象店舗で20回に1回の確率でボーナスが当たる「まちかどペイペイ 第2弾」や、大手100円ショップのダイソーと協業した「PayPay使うなら『だんぜん!ダイソー』キャンペーン」など、さまざまなキャンペーンを展開する予定です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.