コラム
» 2019年11月20日 20時00分 公開

このマンガは「救済と警告のアル中文学」だ 酒飲みが『現実逃避してたらボロボロになった話』(永田カビ)を読んだら(2/4 ページ)

[ねとらぼ]

酒飲みにとってこの作品は「救済」であり「警告」

――― 酒の話ばかりになってしまうので、そろそろ作品の話を……

A:ミステリーには「最初に犯人が明かされていて、そこから犯行に至るまでの流れをさかのぼる」っていう構成の作品がある。倒叙ミステリーというんだけど。「現実逃避してたらボロボロになった話」もそういう作りになってる。

 最初に酒を飲み過ぎて病気になったこと、その体験談を漫画にしないと家族に伝えたことが書かれていて。でも、無事に退院できたからこの作品があるわけだし、結局、漫画にしたからこの作品が存在しているという。

 そんなことを考えながら読んでたら思ったんだけどさ。……これ、PR記事だっけ?

――― いや、違いますよ。作品を悪く言っても大丈夫です

A:いや、まあ、大丈夫。

 やっぱりこの人、才能があるんだよね。自分の切り売りしたり、周りを傷つけたりしないように、エッセイ漫画をやめようとしているシーンがあるけど、どう考えても描くのがうまい。幸か不幸かは分からないけど。

B:過去作についても言えることだと思うんだけど、永田カビ先生の漫画は、そのときどきの感情を描いてると思う。「このシーンではこんなことに悩んでるな」と読み進めていくと、突然別のことに悩み始めたり、いきなり真逆の感情が飛び出してきたりする。

A:どっちもウソじゃないんだよね、きっと。

B:そうそう。読んでいる側からすると急な展開にも見えるんだけど、それがリアルなんだと思う。漫画としては完成されてるけど、感情は全然整理されてない。それによって、永田カビという人間の壮絶さをありのままに見せているというか。酒飲みとしては、すごく生々しかった。

A:この作品って酒飲まない人が読んでも面白いのかな。

――― 「3人のγ-GTPの数値が合計1000」というコンセプトの座談会ですが、実は僕、プライベートだと全然飲まないんですよね。まだアルハラという考え方が浸透しきっていなかった学生時代、「一気飲みが当たり前」「酒は吐くもの」みたいな環境にいたもので。「仕事始めたらたくさん飲まされるから、今のうちに練習しておけ」って言われてたんですが、全くそんなことなかったっていう(笑)

B:無礼講みたいな発想があった時代は、むしろ良いとされていたんでしょ? 酒でカタさを取り除いて、取引先と仲良くなって、コネで仕事取るんだみたいな。

A:業界、職場によってはまだ残ってると聞くけど、前時代の遺産になってきた感じがするよね。

――― そんなわけで「無理やり飲む」経験を重ね過ぎたせいか、自発的に飲む気持ちがあまり分からなくて。『現実逃避〜』は「この人はどうしてそこまでして、酒を飲むんだろう」という疑問がありました。分からない面白さ、人間の不思議さがあるというか

A:酒とまともな付き合い方をしてる人がいないな、この企画。

 でも、この作品が理解できない人は、アル中文学的にいうと“大丈夫な人”なんじゃない?

 この作品、世の理から考えたらおかしい展開ばかりだから。理解できない人は「そんなことになる前に酒やめろよ」としか感じないかもしれないし、そういう人のほうが幸せかもしれない。たぶん、ある種の試金石。

B:作中の永田カビ先生の気持ちや行動が、“自分のことのように分かる人”にとって、この作品は「救済」「警告」だと思う。「世の中には、自分と同じような人間がいる」「でも、そんな風に飲んだら、こんなことになる」。

 そして、完全に理解できてしまう人はお医者さんに行ったり、健康診断を受けたりして、お酒との付き合い方を考えていきましょうね、という。

A:うまくまとまった感じがするので、今日はこれにてお開きということで。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」