「趣味がないから、働くことを趣味にしたかった」霞が関で20代を過ごした女性職員が、国家公務員を辞めた理由女子と労働(1/3 ページ)

趣味がなくても、仕事はできる?

» 2019年11月23日 11時50分 公開
[小林夏帆ねとらぼ]

 霞ヶ関に勤める国家公務員になりながらも、20代でその職をやめた人がいます。省庁の職員というと、忙しいながらも安定している職業で、辞めるのは“もったいない”というイメージが先立ちます。「趣味がないから、働くことを趣味にしたかった」と語る彼女は、省庁で何を見て、何を発見し、退職に至ったのでしょうか。

 今回インタビューを受けてくださったのは、Aさん(仮名)。お仕事帰りにお話を聞くことができました。

11月特集 国会を支える省庁の仕事ですが……

――今日は、広く知られているのに謎に包まれている「省庁でのお仕事」についてうかがいたいと思っています。まず、Aさんはなぜ国家公務員になろうと思ったんですか?

 大学で法律を学んでいたので、卒業後の進路が、司法、国家公務員、民間企業の大きく3つに分かれていたんです。最初から省庁職員は目に入る位置にはあったんですね。でも、私はもともと民間企業にいこうと思っていて。当時、何もしたいことがないから、取りあえず有名な企業の説明会にばかり行っていたんですね。何もしたいことがないからこそ、「いい」って言われる会社に行きたい……みたいな。

 就活をしていて、ある時、文系でクリエイター系でもない人って、どの会社に入ってもやることってそんなに変わらないんじゃないかな、って思って。その時から、その会社が「何を売るか、作るか」とかじゃなくて、「給与が高い」とか「休みがとりやすい」といった待遇面が気になってきたんですよね。

 それを突き詰めて考えていると、今の日本で一生安心して働ける会社って1個もないな、と。そこで、“なんでこんなに将来が不安なんだろう”って考えたとき、“少子高齢化のせいだ!”と思ったんです。それで“少子高齢化対策をやらなきゃ……!”と、国家公務員になることを決めました。

――ちょっと舵の切り方が急じゃないですか!?

 でも、将来が不安なの、少子高齢化のせいだと今でも思っています(笑)。どんどん国が貧しくなってしまうから、それをどうにかしないとって。

――確かに、日々ニュース記事を書いていてもそれを感じることはあります。でも、省庁職員ってとにかく忙しいし大変なイメージがありますが、どうしてそこに飛び込もうと思ったんでしょうか。

 大学のころから漠然と、趣味がないから仕事を一生懸命やるんだろうなって思っていて。仕事を趣味にしたいと思ってたんです。周りに趣味がある人が多いから、何々が好き、っていうのがある人がめちゃくちゃうらやましいなと思っていて。好きなものがあるって、単純に楽しそうだというのもあるし、人として魅力的に見える。語れるものがあることにも憧れていました。

 でも、20年以上生きてきて、そういう好きなものって、中学生のときにハマっていた『家庭教師ヒットマンREBORN!(かてきょーヒットマンリボーン)』くらいしか無くて。自分には趣味に生きるのは無理なんだな、と。

 加えて、やらなきゃならないことがある方が落ち着くタイプなので、自分はどうせ趣味はないまま仕事ばっかりするんだろうな、と思っていました。なので、忙しいと言われる仕事に抵抗はなかったですね。省庁職員はそういう人が結構いる気がします。

――リボーン、私も好きだったな……。趣味を仕事に、は割とよく聞きますが、逆はなかなか聞かないイメージがあります。実際に省庁に入ってからはどうでしたか?

 公務員試験に受かったときは、とてもうれしかったし、この仕事に一生ささげていくんだと思いましたね。実務的な面でいうと、とにかくめちゃくちゃ忙しかったです。でも、職場の人は良い人ばかりでしたね。ジェンダー問題にも理解のある人が多く、女性としてもとても働きやすくて。嫌いな国会議員はいましたけど……(笑)。

 でもやっぱり、女性からやめていきましたね。この仕事は男女関係なく、結構メンタルにくる人が多いんですよ。でも働かないと生きていけないし……。女性は、経済的な面で“結婚したから辞められる”というのははあると思います。結婚して、相手の収入があるから1回仕事を離れようかな、という選択ができるというか。そういうところに性差を見ました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」