ニュース
» 2019年11月19日 08時00分 公開

足を踏まれて激おこだった黒猫ちゃん 「ゆ、ゆるすまじ……! でもなでて欲しいんだにゃ」 甘えん坊モードに戻った姿がかわいい

ゆるすまじ……!(なでろにゃ)。

[k村,ねとらぼ]

 飼い主さんに足を踏まれ、怒ってしばらく飼い主さんを避けていた黒猫の「ティチャラ」くん(関連記事)。お怒りモードが終わった瞬間、おずおずとすり寄ってくる姿がかわいいんです。



 ある日、飼い主さんに足を踏まれたティチャラくん。よほどビックリしたのか鳴いて抗議し、しばらくの間飼い主さんのことを「ゆるすまじ! ゆるすまじー!」と避けていたんだそう。でも、根っからの甘えん坊のティチャラくん。お怒りモードは長くは続かなかったようです。


ALT こちらの様子をじっと伺う


ALT 「ゆ、ゆるすまじ……(遊んでほしい)」

 「そろそろなでて欲しいんだにゃ……」という心の声が聞こえてきそうな、切なげな表情を浮かべたティチャラくん。体を少し壁に隠し、控えめにこちらを見ているのがいじらしいですね。「し、仕方ないにゃ……もう許してやるんだにゃ……!」なんてツンデレなせりふが聞こえてきそう。


ALT うしろのキジトラちゃんをちらり


ALT 「ゆる……す……まじ……(飼い主、なでて)」

 すり寄ってきたティチャラくんをなでてあげたという飼い主さん。久しぶりに大好きな飼い主さんと触れ合えて、ティチャラくんもさぞかしホッとしたことでしょう。お怒りモードから甘えん坊モードに戻る瞬間がかわいい黒猫さんでした。



 飼い主である、仔猫を拾ったので(@yukifuri0biyori)さんは、ティチャラくんを保護した日からその姿をTwitterに投稿しています。うまくミルクを飲めずか弱かったティチャラくんも、今やハンサムな黒猫さんに。一緒に暮らすキジトラちゃんとの仲睦まじい姿や、見守るように赤ちゃんに添い寝する姿など、穏やかで甘えん坊なティチャラくんにとても癒やされます。















画像提供:@yukifuri0biyoriさん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」