ニュース
» 2019年11月19日 17時20分 公開

ゲーセンの筐体を1カ月1万円からレンタル オフィス向けゲーム機シェアサービス「アケシェア」始動

ゲーム基板は約300タイトルから選択可能。クレーンゲームやエレメカも取り扱っています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 アーケードゲームの筐体を貸し出す法人向けサービス「アケシェア」が始まりました。月額1万円からの料金で、オフィスにゲームが置ける……!


アケシェア

 ゲーセンについて女性の視点でつづるブログ「ゲーセン女子」を運営するGCGの企画。提携するゲームセンターで、現役の在庫品として扱われている筐体を貸し出すことで、低価格を実現しているそうです。メンテナンスについても、ゲーセンのスタッフが月に1回実施します。


アケシェア

 ゲームの基板は約300タイトルから選択可能で、3カ月以上設置する場合は、筐体も基板も無料で入れ替え可能。ビデオゲームに限らず、クレーンゲーム機やエレメカもラインアップされています。

 用途については、来客へのアピールや広報的な発信、社内コミュニケーションなどを想定。クレーンゲームに自社製品を入れて陳列するといったPRも提案されています。


アケシェア

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.