ニュース
» 2019年11月19日 21時30分 公開

原宿駅、新駅舎が2020年3月から供用開始 現駅舎は東京五輪終了後に解体へ

利便性は大幅に向上。

[ねとらぼ]

 JR東日本は、原宿駅の駅舎を新設し2020年3月21日から供用開始すると発表しました。原宿駅では、東京五輪の開催に向け混雑の緩和や利便性・快適性向上を目的として改良工事が進められていました。これに伴い、現在の駅舎は東京五輪終了後に解体されます。


原宿 現在の駅舎

原宿

 ホームドア付きの山手線外回り専用ホームも新設。コンコースは約3倍、トイレは約2倍、表参道改札は2通路増設される他、24人乗りエレベーターも増設されるなど、利便性が大幅に高まりそうです。

 現駅舎の解体後は、防火地域の基準に適した材料を用いた上で意匠を再現した上で建て替えられる予定です。


原宿

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.