ニュース
» 2019年11月21日 15時51分 公開

岡山県、あおり運転の情報・映像をネットで提供できる「鬼退治ボックス」設置 「110番より気軽に活用してもらえれば」

スマホ、ドラレコの映像も募集。

[ねとらぼ]

 「あおり運転」が社会問題となる中、岡山県警は情報提供を求める専用ページ「岡山県 あおり110番 鬼退治ボックス」を公開しました。スマホやドライブレコーダーの撮影データも募集しており、ネットを通じて映像を集めるのは全国初の試み。



 回答フォームで尋ねられるのは、提供者の連絡先や危険運転の内容、写真・動画の有無など。あおり運転はもちろん、飲酒運転、無免許運転、暴走運転といった危険運転全般について通報が可能です。

 岡山県警の担当部署は「危険運転を見かけた場合でも『犯罪に当たる行為か分からない』『自分が被害を受けたわけじゃないし……』と110番をためらってしまう方も多いと思います。鬼退治ボックスは電話よりも簡単に通報いただけるので、少しでも危ないと感じたらぜひご活用をお願いします」と協力を呼びかけます。

 目撃件数が多い場所には警察官を派遣するなど、得られた情報は交通安全対策に役立てる見込み。悪質な場合には、情報提供者に折り返しの連絡を入れ、検挙に向けて動いていくとのことです。

 なお、提供を受け付けているのは岡山県内で目撃した情報のみ。また自分が被害に遭った場合や、緊急性が高い場合には「110番通報または最寄りの警察署にご相談ください」としています。


岡山県 あおり110番 鬼退治ボックス 緊急を要する場合は電話で相談を(「岡山県 あおり110番 鬼退治ボックス」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.