ニュース
» 2019年11月21日 17時33分 公開

温泉旅行に行きたい、でもいくら必要か分からない! そんな時に役立つ情報をまとめた「目安画像」が分かりやすい

温泉行きたくなった。

[ねとらぼ]

 めちゃくちゃ疲れて、もうとにかく温泉に行きた〜い! って時、ありますよね。でも、旅行ってお金がかかりそうだし、なんとなくハードルは高め。そんな時に役立つ自分にあった温泉旅行にかかる宿代の目安をながちさん@onsen_nagachiが公開し、Twitterで話題を集めています。

 ながちさんが公開したのは「温泉旅行、いくらのところに泊まればいいのか、ピンと来ない人のためのざっくり目安」と題された画像。温泉宿の代金とその雰囲気を、1人1泊あたり5000円、1万円、1万5000円、2万円、2万5000円、3万円の6段階に分けて紹介しています。

温泉旅行、いくらのところに泊まればいいのか、ピンと来ない人のためのざっくり目安 価格帯ごとに分かりやすく解説されています

 最低価格の1泊1人5000円だと、平日であれば「ビジネスホテルやゲストハウスのドミトリー、民宿の素泊まり」に泊まれる可能性が高いとのこと。5000円なら気軽に温泉に遊びにいけそう……! こうした宿には温泉がないとことが多いので、近くの温泉の日帰り入浴でOKというカジュアルな旅であれば、リーズナブルな価格で温泉を楽しむことができるそうです。

温泉旅行、いくらのところに泊まればいいのか、ピンと来ない人のためのざっくり目安 ちょっといいお宿は説明を読むだけで楽しい気分になる

 最高価格の1泊1人3万円の宿では、温泉はもちろん、天ぷら、刺身、鍋といった旅館あるあるのメニューとは「一線を画す」豪華なごはんが「食べられる(はず)」、と紹介されています。お金には余裕があるし、とにかく思いっきりぜいたくをしたい! という時には、こういう宿を選ぶのも良さそうです。絶対めちゃくちゃ癒やされるでしょ……。

 ながちさんは、注意事項として「価格が高ければ高いほど『いい温泉』というわけではないので注意。基本は料理と設備にお金がかかっているよ」と説明。もちろんいい所では、露天風呂付きの客室など温泉を楽しめる幅が広がったりしますが、温泉宿の代金は、おいしいごはんやきれいなお部屋、ちょっといいアメニティーなどといったプラスアルファのクオリティーを上げるものだと考えると、旅の計画を立てやすくなりそうです。

画像提供:ながちさん @onsen_nagachi


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響