ニュース
» 2019年11月23日 11時00分 公開

油絵の“釜揚げうどん”が本物そっくりに仕上がる動画が魔法のよう 「コシがある絵」「食べられそう」と大絶賛の声

食感まで伝わってくるリアルさ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 釜揚げうどんの油絵を描くペインティング動画がすばらしく、本物そっくりに仕上がる過程が魔法のようです。Twitterでは「食べられそう」「コシのある絵」とまで絶賛されています。


うどん まず完成形をご覧ください。まるで写真のようですが……

うどんうどん 初期段階では確かに絵なのです

 油絵作家の倉持リネン(@gbyt44)さんの作品。下絵の段階では曲線がうねる抽象画のようにも見えるのですが、少しずつ色が入るにつれて、じわじわとうどんに近づいていきます。


うどんうどん

うどんうどん 明暗がつくうちに、どんどん奥行きが見えてくる

 そして動画の15秒あたりで、うどんは湯に浸かっているかのような仕上がりに。ハイライトやアブクが描き足されていくうちに、グツグツとゆだっているようにすら見えてきます。本当においしそうで、ツユや薬味も欲しくなる。


うどんうどん

うどんうどん

うどんうどん 仕上げ工程を重ねるごとに、うどんの風味が出てくる

うどん アップで見るとツヤツヤで、みずみずしい……

 倉持さんは「白い悪魔シリーズ」と題して、ホカホカのゴハンも描いています。こちらもおいしくて食べ過ぎになりそうで、確かに糖質的な意味で悪魔的です。


画像提供:倉持リネンさん(Twitter:@gbyt44/Instagram:@linen_oilpaint


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.