ニュース
» 2019年11月24日 18時00分 公開

【猫ちゃん】待合室では基本的にキャリーケースで過ごさせてあげよう!

動物病院を少しでも快適に。

[ペット手帳]
Mashable


 動物病院の待合室で過ごすのは、多くのネコちゃんにとってストレスだと言えるかもしれません。そんな待合室での時間を少しでも快適に過ごせるようなヒントをお届けしたいと思います。


ペット手帳 猫 キャリーケース

キャリーケースは自分だけの落ち着く居場所

 待合室で過ごすときは、キャリーケースに入ることでネコちゃんも安心できて、ストレスがかかりにくいと考えられています。普段からキャリーケースに慣れさせておくと、ネコちゃんも安心できる場所だと認識してくれますよ。

 また、他の動物と触れ合うのが苦手という子も動物病院には来ているので、マナーの面からも、キャリーケースの外に出すのはできるだけ避けましょう。キャリーケースにタオルをかけてあげると、ネコちゃんが落ち着くのでおすすめです!


ペット手帳 猫 キャリーケース

待合室で待たない選択肢も持っておくと安心!

 もしネコちゃんが興奮したら、できるだけそっとしておいて、落ち着いたころにご褒美をあげましょう。興奮しているときにご褒美をあげてしまうと、「騒げばご褒美がもらえる」と勘違いさせてしまうので、気を付けてください。

 待合室にいることがネコちゃんにとって大きなストレスになるのであれば、動物病院と相談のうえ、車の中で待つようにしてもいいでしょう。必要以上のストレスをかけないようにしてあげてくださいね。

 予防接種など健康な状態で動物病院に行く場合は、いつもよりも多めに遊んであげて、少し疲れさせてからにするのもおすすめです。ネコちゃんができるだけ待合室で快適に過ごせるよう、工夫してみてくださいね。


ペット手帳

© stepdays Inc.