ニュース
» 2019年11月25日 20時05分 公開

ポケモンと人間が安全に付き合える“どうぐ”のアイデアに想像がふくらむ 電気を抑えたりツメを保護したり

こんな想像ができるのも、ポケモンの楽しさ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「ポケットモンスター」の世界には、人とポケモンが安全に共存するための道具があるのでは? そんな想像から生まれた“どうぐ”のアイデアがTwitterで話題です。例えば、ポケモンの力を抑える「パワーダウン」。パワフルなキテルグマやリングマとも安心して遊べそう。


パワーダウン 子どもやお年寄りでも、大きなポケモンと安全に付き合える

 ゲームではポケモンを強くする道具ばかり出てくるけれど、実際はポケモンを戦わせる人はまれで、きっと共存するための道具もたくさんあるはず――そう考えたすみこデラックス(@DxSumiko)さんのアイデア。ほかにも、コイルやライチュウの放電を抑える「絶縁リボン」や、ストライクやサンドパンなどの鋭利な手を保護する「伸縮自在グローブ」のように、ポケモンの危険な部分をマイルドにする道具をイラスト化しています。


絶縁リボン アニメ版のサトシは特例中の特例でしょうし、電気を抑える工夫は必要そう

伸縮自在グローブ 人や他のポケモンを傷つけないよう保護

 「ロケット団に悪用されそう」「プラズマ団が批判しそう」など悲観的な意見もみられますが、ツイートには「優しい発想」といった賛意が多数。「大型のポケモンを一時的に小さくできる道具も欲しい」「ヒトカゲの炎はどうしたらいいだろう」「ゴーストタイプのポケモンも触れるようになればいいのに」と、想像をふくらませる人も多いようです。

画像提供:すみこデラックス(@DxSumiko)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響