ポケモンGOのおかげでバトルの苦手な妹がガラル地方へ旅立てた―― ポケモンの思い出漫画にしみじみ

トキワの森の前で終わっていた妹の旅が、ガラル地方で再び。

» 2019年11月27日 07時30分 公開
[沓澤真二ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 ゲームで戦うのが怖くて、ポケモンを進められなかった妹の思い出を語る漫画が、Twitterで注目を集めています。作者は『アイドルマスター シンデレラガールズ U149』を手掛ける漫画家の廾之(@kyow_no)さん。双子の妹さんが、ゲームは苦手ながらもポケモンに親しんでいく様子から、あらためてその魅力が伝わってきます。


アイキャッチ 一度は挫折した妹さんが、思い立って「ソード・シールド」の「ガラル地方」へ旅立つまでに

 ほとんどゲームをやらない妹さんはRPGが苦手で、遊ぶのは「どうぶつの森」や「牧場物語」、パーティーゲームのみ。ゲーム好きのお兄さんと廾之さんが「赤・緑」を楽しむかたわらで、リカちゃん人形やゲームボーイの「たまごっち」で遊んでいたそうです。


1P

 それでもキャラクターとしてのポケモンは好きだったようで、ピカチュウがお気に入り。そこで廾之さんは、ゲームボーイの「ポケットモンスター ピカチュウ」を貸してあげました。同作にはピカチュウが主人公の後ろをついてくる仕掛けがあり、妹さんにぴったり。彼女はピカチュウのかわいさにすっかり夢中です。


2P

 しかし、子どもでも遊びやすいポケモンとはいえ、妹さんには「バトル」のハードルが高かったもよう。「トキワの森」が怖かったのもあり、冒険の序盤「トキワシティ」でずっと止まっていたのです。こうして彼女の冒険は、旅立つ前に終わってしまいました。


3P

 それから時は流れ2016年7月。Pokemon GO(ポケモンGO)が日本でスタートしたことで、妹さんのポケモンとの付き合い方は大きく変わりました。戦わなくともポケモンを集められる同作は、彼女にベストマッチだったのです。


4P

 以来、姉妹の会話にはポケモン関連のワードがしばしば上がるように。妹さんもポケモンGOについては、廾之さんよりやりこむ程になりました。好きな漫画家やイラストレーターがデザインに関わったこともあり、どんどんハマっていく妹さん。とうとう「ぶっちゃけ剣盾(ソード・シールド)気になってる」と、ポケモン本編への挑戦を口にするのでした。


5P

 トキワの森の前で、冒険を始める前に終わってしまった妹の、初めての旅がガラル地方で始まるらしい――廾之さんは感慨にふけりながら、「ポケモンが長く愛される理由が、なんとなく分かった気がしました」と漫画を締めくくっています。


6P

 「森は音楽が怖かったので、気持ちは分かる」と、妹さんに共感する人が多数。「フラッシュのわざを知らないまま暗いイワヤマトンネルに行って怖い思いをした」「シオンタウンもトラウマものだったし、ある意味トキワシティで止まってて良かったのかも」といった思い出話も盛り上がっています。


画像提供:廾之(@kyow_no)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評