ニュース
» 2019年11月28日 17時00分 公開

「どら焼きの“中のひと”」 ベッドにすっぽり入った猫のヌシっぽい雰囲気とゆらゆら揺れる尻尾にやられる

貝のモンスターっぽさもあります。

[錆,ねとらぼ]

 どら焼き型のベッドに入っている黒猫の“ヌシ”っぽい雰囲気が、Twitterで注目を集めています。はみ出したしっぽのかわいさと中の猫ちゃんのヌシっぽさがすごいギャップ……!



だいずさん どら焼きベッドからはみ出したしっぽ

 どら焼きの形をしたベッドから垂れている黒いしっぽ。機嫌良さそうにゆっくりと揺れています。カメラは徐々に、どら焼きベッドの入り口へ近づいていきます。


だいずさん しっぽはゆっくりと揺れています

だいずさん 入り口に近づくと

 中をのぞき込んでみると、そこにいたのは寝転ぶ黒猫の「ヨーコ」ちゃん。半目になっているヨーコちゃんは迫力があり、まさにベッドの“ヌシ”といった雰囲気を醸し出しています。

 Twitterのリプライ欄には「あんこがはみ出してる」「何かの貝に見える」と動画を楽しむ声が集まっています。どら焼き型のベッドから中のヌシも含めて、こういうモンスターいそう……!


だいずさん ヌシのヨーコちゃんがいました

 ヨーコちゃんが“どら焼きベッドのヌシ”になるには、ベッドの中へ頭と前足を収納してから、後ろ足をにゅうっと伸ばして胴体を入れていく工程が必要。後ろ足を入れた後にしっぽだけを外へ残すとヌシスタイルの完成です。ちなみにヨーコちゃんだけではなく、同居猫の「ぎん坊」がヌシになることもあります。



だいずさん 胴体を入れるときはにゅうっと足を伸ばします

 ヨーコちゃんとぎん坊は2匹とも保護猫。飼い主(@D_isoflavone)さんの家でのびのびと暮らしています。ヨーコちゃんにくっつきたがるぎん坊の姿もとてもほほえましいですよ。





画像提供:だいず(@D_isoflavone)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」