「仲間が世話になったから」 お金が払えない人は無料の「無料食堂」で心温まる出来事、店主に心境を聞いた

さまざまな事情でお金を払えない方に無料で食事を提供しています。

» 2019年11月30日 19時00分 公開
[ねとらぼ]

 「お子さんにおいしいものをお腹いっぱい食べさせてあげたいのに ご事情があってむずかしいときなどは コソっと店長に相談してください」――奈良市のとんかつ店・まるかつ(@marukatsunara)さんは、お金を払えない方に向けた無料食堂の取り組みを2018年5月より続けています。

 さまざまな事情を抱えた330人以上の方が無料食堂を利用するなかで、Twitterに投稿されたとあるエピソードが「良いことが連鎖する世界!」「心あたたかくなりました」と話題です。




 ある日、財布をなくした長距離トラック運転手さんが「無料食堂を利用したい」と遠慮がちにお店を訪れます。いつものように食事を提供したまるかつさんは、「困ったときはお互いさまですので、遠慮なくご利用ください!」とその日あったことをツイートしました。

 すると後日、他のトラック運転手さんが家族連れで来店。無料食堂を利用した方との面識はないにもかかわらず、「仲間が助けてもらったお礼」と言って、たくさん料理を注文してくれたそうです。義理堅い人だ……!




まるかつさんは大きくておいしい揚げ物で有名な人気店です(画像は公式サイトより)

無料食堂の取り組みについて、まるかつさんに話を聞いた

――なぜ無料食堂を開設したのでしょうか?

まるかつ 無料食堂をスタートした2018年5月は、売り上げが以前よりも安定し、赤字続きだったお店の将来に光が差した時期でした。そのような折に、貧困や虐待のニュースを目にしたのです。

 特にゴールデンウィーク期間中はたくさんのお客さまに揚げ物を召しあがっていただけた一方で、日々の食事もままならない子どもたちを思うと胸が痛みました。

 そこで自分にできることはないかと考え、2018年5月4日に「まるかつ無料食堂」のポスターをお店の外に掲示しました。

――活動を始めるにあたり、悩みや葛藤はありませんでしたか?

まるかつ  もちろん勇気が必要でした。一般のお客さまが困惑するのではないか……と不安だったのを覚えています。

 背中を押してくれたのは、2018年2月の出来事です。豪雪被害に見舞われた北陸地方の方に向けて「大変だと思いますがどうかご無事で。雪があけて奈良に来ることがあったら全メニュー半額にします!」とツイートしたところ、260人もの方がわざわざ脚を運んでくださいました。交通費を考えると割に合わないのに、お礼の言葉までいただけて。その経験があったからこそ、「善意は通じるのだ」と確信を持てました。

――失礼かもしれませんが、お金があるのに利用しようとする方や、物見遊山で訪れる方もいたのでは……?

まるかつ  初日に2組だけいらっしゃいましたが、それ以降はありません。

――活動を1年半続けるなかで、心境に変化はありましたか?

まるかつ  無料食堂は現在330人以上の方にご利用いただいています。笑顔になっていただけるのが何よりうれしいですし、中には後日お礼を言いに来てくださる方もいらっしゃって、本当に幸せです。

  今でも「偽善だ」「売名だ」「やめろ」というご批判をいただくことがあります。ですが、その何百倍ものご声援をいただき、私自身、人々の善意をありがたく受け止めていますし、心から人の温かさを信じられるようになりました。

 皆さまに元気付けられながら、こうして活動を続けられています。ありがとうございます。


画像提供:とんかつ店・まるかつ(@marukatsunara)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/25/news023.jpg 小1息子「からあげって書いてある」→視線の先には…… 爆笑の珍回答が540万再生「かわいいから正解にしちゃおう」「オチwww」
  2. /nl/articles/2406/25/news174.jpg かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  3. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  4. /nl/articles/2406/25/news021.jpg 0歳赤ちゃんと2歳兄、“世界一かわいい兄弟げんか”がはじまったワケは…… 必死な兄の姿に「笑っちゃった」「たまらんです」
  5. /nl/articles/2406/24/news128.jpg 現存するの……!? 実家で見つけたティッシュ → 書かれていた“まさかの文字”に驚がく レアすぎる品に「すごっ」「もう27年か」
  6. /nl/articles/2406/25/news047.jpg 「美しすぎる文章」 90歳の祖母から届く小説のような手紙に反響 「素敵なおばあさま」「こんな文が書きたい」
  7. /nl/articles/2406/25/news121.jpg 44歳・遠野なぎこ「エヘッ お手て繋いでテクテク」 友人と連日外食→距離感問うSNSコメントにピシャリ「即ブロックしますからね」
  8. /nl/articles/2406/24/news137.jpg 「そうはならんやろ」 洗濯機で洗ってしまった“まさかのお菓子” → 衝撃の光景に6万いいね 「やばすぎw」「驚きの白さ」
  9. /nl/articles/2406/25/news032.jpg 大切なランプを壊してしまった妻 片付ける夫に「どうしてイライラしないの?」と聞くと…… 25万いいねを集めた回答がすてき【海外】
  10. /nl/articles/2406/25/news030.jpg 学校に行かせてもらえない娘の“絶望的状況”に「まさにトラップ」「家で自習ですね」 行く手を遮る正体に同情の声続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  3. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  4. 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  5. 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  6. いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  8. 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  9. 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  10. 0歳赤ちゃん、寝ていたはずがベビーモニターに異常発生!→ママが駆け付けるとまさかの…… 爆笑の光景に「かわいすぎるっっ」「朝から癒やしをありがとう」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」