ニュース
» 2019年12月01日 15時35分 公開

求人誌の「五輪スタッフ募集」に「ボランティアと同じ仕事を有償で?」の声 組織委に同じ仕事なのか聞いた

ボランティアと有償のスタッフは「性質が大きく異なる」との回答。

[ねとらぼ]

 求人誌に「東京2020組織委員会運営スタッフ」の募集が掲載されていることをめぐり、「ボランティアと同じ仕事を有償で募集しているのでは」とTwitterで疑問視する声がSNSで上がっています。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(五輪組織委)に聞いたところ「スタッフとしての性質が大きく異なる」との回答でした。

疑問視されている求人

 疑問の声が上がっているのは、「時給1600円〜」でパソナが募集している「東京2020組織委員会運営スタッフ」。期間は1〜8カ月程度で、仕事の内容は競技会場運営、選手村運営、トランスポート(輸送)などとされています。これに対して、「ボランティアが集まらなかったため有償で募集しているのでは」「ボランティアは同じ仕事をただでやるのに」といった声が一部で上がっています。

給与や勤務時間

 募集している仕事はボランティアと同じものなのか、五輪組織委に聞いたところ、下記の回答が得られました。

 「ボランティアは、資格要件を要せず(移動サポートを除く)、任意かつ無償で参加いただくことを前提に、8万人という人員規模で幅広く募集し、オリエンテーション・研修などを経て希望する活動内容・活動場所を元にマッチングされ、大会時あるいは大会直前期に活動することとなります」

 「一方、有償の職員は、即戦力として高い専門性を発揮し、職務を遂行することを前提に、必要な時期に必要な人員を募集し、派遣会社の選考を経て派遣されます。各関連部署の要望を踏まえ、職務を遂行していただく必要な期間やコストとのバランスを考慮して適切なタイミングで募集をかけることとし、今回およそ2000人の募集をかけていくものとしています」

 「なお、両者は役割や職務(活動)に対する責任の有無など、スタッフとしての性質が大きく異なり、代替の関係にはないと考えております」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.