ニュース
» 2019年12月02日 07時30分 公開

「女ってやつは」「男ってやつは」 幼なじみ夫婦の人生をそれぞれの視点で描いた漫画に涙腺崩壊する人が続出

2人はいつもいい関係。

[林美由紀,ねとらぼ]

 ある幼なじみ夫婦の人生をそれぞれの視点で描いた漫画の最後の展開に涙腺が緩んでしまいます。作者は漫画家の吉谷光平(@kakikurage)さんです。


女ってやつは男ってやつは05 「女ってやつは」……

 物語の前半は男性からの目線で描かれています。幼なじみの女の子は、小さいころから自分勝手ですぐに泣いて、付き合うことになったときも「ただの幼馴染みとしか思ってなかったと」素直じゃないセリフを口にします。でも、昔からそんな彼女の笑顔にはめっぽう弱い男性に、彼女はウエディングドレス姿で「ぜったい、しあわせにしろよな」と笑顔を見せます。

 後半は、女性からの目線で描かれた結婚後の物語。「愛してる」なんて言いながら結婚記念日を忘れたり、「明日休みが取れたからディズニーランド行くぞー!!!!」と突然言い出したり、子どもが巣立って2人きりに戻ったら「イチャイチャする?」と言ったり……夫の身勝手さを愚痴ります。そして「君より後に行く」って言ったのに……先立ってしまった夫に「ほんと、あなたって勝手よね」とつぶやくのでした。


女ってやつは男ってやつは01 「女ってやつは」泣くしキレるし素直じゃない


女ってやつは男ってやつは02 でも、その笑顔にはめっぽう弱い


女ってやつは男ってやつは03 「男ってやつは」いつも自分勝手


女ってやつは男ってやつは04 そして、本当に勝手。でも「しあわせにしろよな」という願いはかなえたのでしょうね

 「いい夫婦の日」に再掲されたこの漫画には幼なじみの2人の人生がギュッと詰まっています。それぞれ「女ってやつは」「男ってやつは」と、相手に対する愚痴を述べ合っているのかと思いきや、最後は長い間積み重ねてきた時間の中で、互いを理解し、思い合っていたのだろうと思えて、グッときてしまいました。

 この漫画の読者からは「朝から泣いてしまいました」「最近、胸が熱くなるマンガに出会ってませんでしたが、この短い文章に人生が 泣けました」「最後のコマが幸せそうだったから、約束は果たせたんですね」など2人の関係にグッときた人が多かったようです。

 作者の吉谷光平(@kakikurage)さんは、「今どきの若いモンは」が口癖の課長がカッコイイ言動で部下をメロメロにする『今どきの若いモンは』や、合理主義男子と経験豊富な女子の恋愛を描いたオフィスラブコメ『恋するふくらはぎ』を連載しています。

画像提供:吉谷光平(@kakikurage)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響