ニュース
» 2019年12月02日 12時00分 公開

世界最強パトカー軍団に仲間入り ドバイ警察、テスラ新型EV「Cybertruck」をパトカーに採用、2020年導入を発表 (1/2)

スーパーカーだらけのドバイ警察に、またとんでもないクルマが登場。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 ドバイ警察は、テスラの新型EV(電気自動車)「Cybertruck」をパトカーとして採用することを決定したと公式Twitterで発表。ドバイ警察の塗装を施したCybertruckのイメージ画像も公開されています。

ドバイ警察 テスラ Cybertruck ドバイ警察仕様のテスラ「Cybertruck」(画像:ドバイ警察、以下同)

 Cybertruckは、テスラが11月21日に発表したばかりの最新モデル。米国などで人気が高いピックアップトラック型のEVというのも珍しいですが、カクカクとした独特すぎるフォルムで話題のクルマです。

 テスラ初の3モーターAWD仕様も用意され、0-100キロ(60マイル)を約2.9秒というトラックとは思えないぶっ飛んだ加速性能を持っています。

ドバイ警察 テスラ Cybertruck アウディ R8のパトカー

 ドバイ警察といえば豪華すぎるスーパーパトカーの数々で有名ですが、Cybertruckなら速さも話題性も負けず劣らず。荷物をたくさん積めるのもパトカー向きですね。ちなみに屋根の上にパトランプが乗っていませんが、ドバイ警察では他の車種でもフロントガラスの中、車内にパトランプを入れているクルマがあるのでCybertruckもその予定なのかもしれません。超速いパトカーなら空力性能も重要なのでしょう。

ドバイ警察 テスラ Cybertruck こちらはマクラーレンと日産・GT-R

 Cybertruckは標準で防弾仕様のガラスを使っていることもパトカーに選ばれた理由かもしれません。発表会ではガラスの強さをアピールしようとしたイーロン・マスクCEOが、窓に鉄球を投げたら割れちゃった……というハプニングがありましたが、パトカーだとシャレにならないので今度は頼むよ!

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン