レビュー
» 2019年12月02日 10時48分 公開

「生んだのは夫の子ではない」と最後まで隠し通すべきだったのか? 電話口で泣く赤子の声が悲しい「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

他人の子を身ごもったまま結婚した相談者。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜 配信)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは11月25日(月)放送の加藤諦三パーソナリティー回。6カ月の子どもを抱えた女性が、夫から離婚を切り出されていると言うが……。


テレフォン人生相談 パーソナリティ:加藤諦三(評論家)、今井通子(作家・登山家)、ドリアン助川(作家・ミュージシャン)、柴田理恵(女優・タレント) イラスト/北村ヂン

「夫の子ではない」と夫の両親に明かすべきか

 相談者は31歳女性。夫40歳。6カ月の子どもがいる

 1カ月ほど前に夫から「離婚したい」と言い出された相談者。その理由は、6カ月になる子どもを夫の両親に会わせるのを拒んでいたため。

 「ご両親とはうまくいってなかったんですか?」

 「いえ、そうではなく、その子どもがですね、夫との子どもではなくて……」

 夫と結婚したのは約1年前。その時点で相談者は別の男の子どもを妊娠しており、夫は全て知った上で結婚したのだという。

 「父親とは理由があって結婚できなかったので、シングルマザーとして産む予定でいたんですね。そのむねを説明して、承諾をした上で結婚したという形です」

 夫を騙して結婚したわけじゃなくて本当によかった! しかし、全てを知った上で結婚したのなら、今さら離婚話にはならなそうだが……。

 実は、夫の両親にはこの事情を説明しておらず、「夫の実子」ということで通すつもりでいたのだ。

 「私の方がその事実をずっと隠しているのはどうなんだろうっていう疑問を持ってしまいまして。本当のことをご両親に説明をして、その上で会わせた方がいいのではないかっていうふうに夫に言ったんですけれども」

 しかし夫は「言わない方がいい」という意見。色々と揉めたものの、相談者の方が押し切って、夫から両親に本当のことを伝えてもらったという。その結果、両親は「別れた方がいい」と主張し、夫も同意しているという。

 「(夫は)知ってて結婚してるわけですよね?」

 「そうですね、ただ私が(真実を伝えない状態で)ご両親に会わせるのを拒んだので、それは当初の話と違うということになって」

金銭的援助をしてもらえるか

 結婚前にも「両親に真実を伝えるかどうか」という話は出ており、その段階では相談者も「伝えない」という夫の意見を尊重していたが、途中で気が変わってしまったようなのだ。

 どうして子どもの実父と結婚しなかったのか? 現在の夫はどんな経緯で他人の子どもを身ごもっている相談者と結婚することになったのか? その辺の事情は明らかにされなかったが、ここまでの話を聞くとどうしても夫に同情してしまう。

 夫もいろいろなことを飲み込んで、他人の子どもを実子として受け入れる覚悟をしたのだろう。両親にまでは余計な心配をかけたくないという気持ちはよく分かる。

 「離婚するに当たって、シングルマザーになるわけなので、保育園に預けたり、私の仕事が決まるまでの生活費というのがどうしても必要なので、何カ月間かの生活費をちょっといただかないと困るというふうに夫に言ったんですが……」

 当然、夫からは「離婚後の面倒は見る必要もないし、見きれない」と突っぱねられた。何らかの金銭的援助をしてもらえるかというのが相談だ。

「子どもも騙す」と覚悟したなら一貫しろ!

 この日のアドバイザーは弁護士の中川潤。普段、比較的マイルドにアドバイスをしている印象があるが、この日はかなり辛口アドバイスだった。

 「婚姻費用だとか生活費だとかそういう問題は、もう離婚で赤の他人になりますから、そういう概念が出てくる余地はなくて。離婚にあたっての経済的な、なにがしかの支払いの問題というのは財産分与と慰謝料。これしかないんですよ」

 相談者のケースでは、もちろん慰謝料をもらう立場にはないし、婚姻期間が短いため財産分与も期待できない。

 「あの、扶養的財産分与っていうのも適用にはならないんですか?」

 「ありますよ、ありますけども、あまりにもちょっと短期間ですからね」

 扶養的財産分与とは、離婚するに当たって夫婦一方の経済力が弱い場合、収入のある方が一定期間、生活の補助となるお金を支払うこと。ただしこれは法的に規定があるわけではなく、夫婦の話し合いによって定められるもの。この状況で夫が扶養的財産分与に合意してくれるとは考えづらい。

 ここまで法律的な面からアドバイスをしていた中川だが、一気に感情的な方向に舵を切る。

 「ハッキリ言ってさ、どうして一貫してね、ご主人が言ったようにさ、実子として届け出たんだったら、『ふたりの子だ』っていうことで一貫しようとなさらなかったの?

 「嘘をつくのはよくないっていう風に、最終的に思ってしまったので……」

 「だって実子として届けた時点で、踏ん切りつけたんでしょうに『子どもも一生騙す』と。その覚悟で届けたんでしょ?」

 「一貫性がないのは……そうですね、指摘されるとそうなんですが……」

 相談者は黙り込んでしまった。

 正直に真実を明かされたところで、夫の両親が喜ぶ要素はゼロ。「嘘をつくのはよくない」というのは相談者が自分の気持ちを軽くするための理屈でしかないだろう。


テレフォン人生相談 厳しいことを言われてもしょうがない状況かも イラスト/北村ヂン

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/03/news016.jpg 柴犬「ぬれるのイヤ〜!!」→その後の行動に爆笑 飼い主のズボンでゴシゴシ顔をふくワンコが面白かわいい
  3. /nl/articles/2108/03/news073.jpg 「四千頭身」石橋、体操銅メダルの村上茉愛とは“かなり仲良い友達” 「結構前の写真」投稿も別箇所に注目集まる
  4. /nl/articles/2108/02/news119.jpg タクシー相手に「あおり運転」繰り広げたミニバン 巻き込まれて急停止したトラックから泥化した土砂がドシャアと降り注いで破壊される
  5. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  6. /nl/articles/2107/09/news134.jpg 「全ての支出を一度見直してみました」 小倉優子、“食費15万円”の反響を受けて節約生活スタート
  7. /nl/articles/2108/03/news007.jpg 暑い日、ミツバチご一行が手水舎に訪れ…… 専用水飲み処を作った神社の対応に「素敵」「優しいお宮さん」の声
  8. /nl/articles/2108/02/news111.jpg 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  9. /nl/articles/2108/02/news038.jpg 「実は私…人の心が読めるの」クラスメイトから突然の告白、その真意は? 全部バレちゃう漫画がキュンとなる
  10. /nl/articles/2108/03/news102.jpg 小倉優子、週刊誌報道に「当たり前ですが、私の働いたお金で生活しています」 7月に月の食費「15万円」と公表

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する