ニュース
» 2019年12月02日 21時25分 公開

文化放送が「たき火の音」を流し続ける90分特番を放送へ

番組の正式タイトルが長い。(番組名:「たき火特番〜ノルウェーのテレビ局が薪が燃えているだけの映像で高視聴率を獲得したので、たき火の音だけを流すラジオをやってみた〜」)

[宮原れい,ねとらぼ]

 文化放送は12月8日の26時から、真夜中にあえて眠りを誘う「たき火の音」を90分流し続ける特別番組を放送します。


文化放送 深夜 たき火の音 流し続ける 90分 3Dオーディオ 特番 たき火を聴く

 番組冒頭とエンディングのナレーション以外「たき火や薪が燃える音」だけで構成した挑戦的な企画。

 まるですぐ傍でたき火が行われているかのような感覚が味わえるという「3Dオーディオ」技術を駆使し、さらに“音のプロ”が音声が耳に伝わってくる位置を細部にわたって調整し、「AM放送では実現できない仕上がり」となっているとのこと。このため、聴取環境は、ステレオFMやスマートフォンアプリ「radiko」にてヘッドフォンを使うことを推奨しています。

 ちなみに企画のきっかけは、ノルウェーのテレビ局が放送した薪特集番組が20%の高視聴率を叩き出したことから。その際放送された12時間のうち、8時間は薪が燃えているだけの映像だったそうで、今回の特番名「たき火特番〜ノルウェーのテレビ局が薪が燃えているだけの映像で高視聴率を獲得したので、たき火の音だけを流すラジオをやってみた〜」もそこから来ています。なお、この番組タイトルは文化放送で歴代最長とのこと(※同局調べ)。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.