ニュース
» 2019年12月03日 08時00分 公開

「エサばらばら事件」勃発! 犯ニャン疑惑のネコちゃんはカワイイお顔ですっとぼける

上出来のとぼけ方で容疑を否認。

[ウグイラン,ねとらぼ]

 ネコちゃんのイタズラはかわいいけれど、見逃すわけにはいきません。無残にも床に散らばった熱帯魚用のエサをよそに、1匹のネコちゃんがすっとぼけています


 悪さの現場に残されていたのは、びりびりに破られたパックとばらばらに散らばった熱帯魚用のエサ。見た目がネコちゃんのカリカリに似ているのが、犯人発見のヒントとなりそうです。自分のごはんと間違えてしまったのは誰……?

猫 シンバ君 カリカリ すっとぼけ こちらが現場。ぶちまけちゃってます

猫 シンバ君 カリカリ すっとぼけ 犯ニャン探しの中で浮上した1ニャンは「何もしてません」の素振り

 第一容疑ネコの「シンバ」君は大きな耳をぴんと立て、黒く丸いお目めがとってもカワイイ顔で「僕何もしてませんけど?」の雰囲気を崩しません。つやつやの毛並みでしっぽもまとめてお行儀よく座り、絶対に責められることのない優等生の振る舞いです。



 ネコちゃんがすごーくカワイイ顔をしている時は大体アヤシイ。飼い主のかずまる(@cheru_cas)さんもシンバ君をかばいきれず、「あなたしかいないのです」とツイート。それも仕方ありません、なぜなら、熱帯魚用のエサに手を出せるのは当時シンバ君1匹だけ。他に動機を持つ子がいなかったんです!



 事件は犯ニャンが決まった時点で終結。その後のシンバ君は特に変わらず、日々をわんぱくに過ごしていますが、今回のようなイタズラは起きていないようです。一件落着……?


 2019年の夏、国道の真ん中で震えていたところを保護されたシンバ君。今ではかずまるパパのことが大好きな、立派なお家ネコさんになりました。甘える姿が一段とかわいいシンバ君。わんぱくやイタズラは、元気が有り余っている証拠ですね。これからもシンバ君の毎日がますます楽しくなっていきますように。



画像提供:かずまる(@cheru_cas)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」