ニュース
» 2019年12月03日 08時00分 公開

「エサばらばら事件」勃発! 犯ニャン疑惑のネコちゃんはカワイイお顔ですっとぼける

上出来のとぼけ方で容疑を否認。

[ウグイラン,ねとらぼ]

 ネコちゃんのイタズラはかわいいけれど、見逃すわけにはいきません。無残にも床に散らばった熱帯魚用のエサをよそに、1匹のネコちゃんがすっとぼけています


 悪さの現場に残されていたのは、びりびりに破られたパックとばらばらに散らばった熱帯魚用のエサ。見た目がネコちゃんのカリカリに似ているのが、犯人発見のヒントとなりそうです。自分のごはんと間違えてしまったのは誰……?

猫 シンバ君 カリカリ すっとぼけ こちらが現場。ぶちまけちゃってます

猫 シンバ君 カリカリ すっとぼけ 犯ニャン探しの中で浮上した1ニャンは「何もしてません」の素振り

 第一容疑ネコの「シンバ」君は大きな耳をぴんと立て、黒く丸いお目めがとってもカワイイ顔で「僕何もしてませんけど?」の雰囲気を崩しません。つやつやの毛並みでしっぽもまとめてお行儀よく座り、絶対に責められることのない優等生の振る舞いです。



 ネコちゃんがすごーくカワイイ顔をしている時は大体アヤシイ。飼い主のかずまる(@cheru_cas)さんもシンバ君をかばいきれず、「あなたしかいないのです」とツイート。それも仕方ありません、なぜなら、熱帯魚用のエサに手を出せるのは当時シンバ君1匹だけ。他に動機を持つ子がいなかったんです!



 事件は犯ニャンが決まった時点で終結。その後のシンバ君は特に変わらず、日々をわんぱくに過ごしていますが、今回のようなイタズラは起きていないようです。一件落着……?


 2019年の夏、国道の真ん中で震えていたところを保護されたシンバ君。今ではかずまるパパのことが大好きな、立派なお家ネコさんになりました。甘える姿が一段とかわいいシンバ君。わんぱくやイタズラは、元気が有り余っている証拠ですね。これからもシンバ君の毎日がますます楽しくなっていきますように。



画像提供:かずまる(@cheru_cas)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声