ニュース
» 2019年12月03日 19時30分 公開

売れない小説家を表からも陰からも支える編集者を描いた漫画 「理想的な関係」「編集者の鑑」と絶賛の声

大正ノスタルジーが好きな人にも。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 売れない小説家と、厳しくも作品を愛する編集者のつれづれとした日常を描いた漫画が、理想的ですてきな関係だと話題です。作者は漫画家の長田佳奈(@osakana_work)さん

菫の君 愛あるいけずな編集者

 時は大正時代。売れない小説家の家に原稿の催促をしに訪れたのは、何ごともテキパキとこなす有能な編集者。彼女は小説家が「自信ない」と言えば、辛口な言葉で小説家を激励するような、甘くない編集者です。

菫の君
菫の君
菫の君

 カフェーのライスカレーをご馳走になりながらも、まったく褒めてくれない彼女へ不満をこぼす小説家。彼女は「そういうの苦手なので」と一刀両断し、読者からのファンレターを渡しました。スミレの花が描かれた封筒で、作品を出すごとに紙びっしりの感想を送ってくれる常連のファンです。

菫の君
菫の君

 手紙の主は、小説家の作品を読むと幸せな気持ちになるそうです。小説家は初めて手紙をもらったときに、この人のために小説を書いたんだと思うくらいうれしかったと言います。浮かれる彼に「一人のファンで満足してたら困りますよ」と、編集者はまた厳しいことを言うのでした。

菫の君

 やがて小説家の人気は高まり、ファンレターがたくさん届くように。編集者は机の引き出しを開け、スミレの絵が描かれた封筒を取り出しました。編集者でありながら、彼女は小説家の熱心なファンでもあったのです。「これからも先生の一番のファンとして邁進いたしますので、ビシバシいきますよ」といつもの厳しい顔をして呟くのでした。

菫の君
菫の君

 編集担当として厳しくしながらも、一番のファンとして熱烈なファンレターを贈る編集者。恋とは違う愛情深い編集者に「すてき」「編集者の鑑」「理想的な関係」など、絶賛の声が届いています。

 この漫画『菫の君』は花をテーマにした単行本『つれづれ花譚』に収録されています。大正時代を舞台に、日々を暮らす人びとの生活を描いた作品集です。ノスタルジックな雰囲気が好きな人はチェックしてみてください。

画像提供:長田佳奈(@osakana_work)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ