ニュース
» 2019年12月03日 14時10分 公開

5年間で108人死亡 ストーブやヒーターの事故に関する注意喚起 石油暖房は特に気を付けて!

灯油をこぼす、間違えてガソリンを給油するなど、人的要因による事故が多いそうです。

[ねとらぼ]

 製品評価技術基盤機構(NITE)が暖房器具に関する注意喚起を発表しました。火災などの事故により5年間で108人が亡くなっています。


暖房器具による火災 ストーブやヒーターの事故に注意(NITEの注意喚起より

 同団体の調べによれば、2014年度〜2018年度に発生した暖房器具の事故は965件で、そのうち火災事故が726件。肌寒くなる10月から件数が増え始め、1月にピークを迎えるといいます。

 死者が出たケースは92件108人。死亡事故の割合をみると、石油暖房器具(ストーブ・ファンヒーター)による被害が50件57人と半数以上を占めています。


暖房器具による火災 死亡事故や全焼などの被害が出ています(NITEの注意喚起より

暖房器具による火災 原因で多いのは石油暖房器具(NITEの注意喚起より

 石油暖房器具の事故で最も多いのが、使い方が原因で起こる火災。給油時に灯油がこぼれて引火する、間違えてガソリンを入れてしまう、ストーブに可燃物が接触し発火するなど、ふとした不注意が大きな被害を引き起こしているようです。

 同団体は「石油ストーブ・石油ファンヒーターの事故を防ぐポイント」として以下の4点を挙げています。

  • 給油する前に必ず消火する。給油後は、給油口キャップをしっかりと締め、灯油が漏れないことを確認してから本体にセットする。

    ・灯油は灯油用ポリエチレンかん(以下、「ポリタンク」という。)などの専用容器に入れ、ガソリンと別の場所で保管する、ラベル表示で区別するなど、誤給油を防ぐための対策を徹底する。

    ・周囲に可燃物などを置かない。特に衣類などを乾かさない。

    ・就寝する前に必ず消火し、完全に消えたことを確認する。

 12月に入り空気が乾燥するとともに、寒さの厳しい日が続きます。石油暖房器具を使用する際は注意を払い、不幸な火災を未然に防ぎましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」