ニュース
» 2019年12月03日 14時54分 公開

使い続けると富士山が現れる「富士山消しゴム」定番化 海外へのお土産や新年のプレゼントにも

人気の「青富士」が定番商品に。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 今年7月に限定発売され、SNSで注目を集めた「エアイン 富士山消しゴム」が、定番品として12月5日に戻ってきます! メーカー希望小売価格は200円(税別)。


エアイン 富士山消しゴム定番商品化 期間限定の人気者が戻ってくる!

 2色の樹脂から成る「エアイン 富士山消しゴム」は、四隅から山型になるように文字を消すと、雪化粧をした富士山のてっぺんが現れる、遊び心あふれる文房具です。


エアイン 富士山消しゴム定番商品化 バランス良く四隅を使って文字を消し、自分だけのビューティフォーな富士山を作る

 数量限定発売時は、「『消す』行為を楽しむ」というアイディアが好評でしたが(関連記事)、同時に「売り切れで手に入らなかった」という声も多く寄せられたそうです。品薄になるほどの人気を受けて、「青富士/赤富士」の2色のうち、より多くの人に好まれた「青富士」が定番化されました。


エアイン 富士山消しゴム定番商品化 ケースの加工により、消しゴムにかかる力が分散され、折れにくくなりました

 デザインは「市松」や「七宝つなぎ」など伝統的な和柄に金の箔押し。消しゴムながら高級感があり、海外の友達へのお土産や、新年を祝うプレゼントにもぴったりです。バリエーションは限定発売時より1つ増えて6種類。ケース上部に消しゴムを折れにくくするカーブ加工が施され、使いやすさもアップしています。


エアイン 富士山消しゴム定番商品化 新しい柄がプラス。どれが増えたか分かりますか?


エアイン 富士山消しゴム定番商品化 正解は下段右端の「鹿の子柄」!

 また、12月5日には発売記念Twitterキャンペーンがスタート(2020年1月15日まで)。プラス公式Twitterアカウント(@plus_bungu)をフォローし、キャンペーンツイートをリツイートすると、4種の富士山アイテムが各1人ずつに当たります。


エアイン 富士山消しゴム定番商品化 左上「富士山グラス ロックグラス」、右上「富士山プレミアム頂上バームクーヘン」、左下「富士山アートクッション」、右下「富士山ハット」

 (谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」