ニュース
» 2019年12月04日 16時45分 公開

本物さながらに紅葉する“落ち葉型ディスプレー”が開発される NIMS・早大・多摩美大の共同研究で

きれい。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 物質・材料研究機構(NIMS)は、早稲田大学、多摩美術大学と共同で、電流を流すと紅葉のように赤くなる落ち葉型ディスプレイを開発しました。

落ち葉型ディスプレイの色変化 紅葉のように色が変わるディスプレイ

 開発されたデバイスは、虫食いのある自然な落ち葉の形状。この落ち葉型ディスプレイにわずかな電流を流すだけで、自然の紅葉さながらに、にじむように色が変化します。表示の維持に電力を必要としないため、変色の途中でスイッチを切るとその着色状態が保持されます。さらに、逆向きに電流を流すことで緑色に戻すこともできます。

 落ち葉型ディスプレイは、同研究グループが開発した“ソフトディスプレイ”が使われています。ディスプレイ自体が柔らかく、切ったり、たわませたり、穴を開けたりすることが可能です。

 開発の目的はデジタルアートでの利用。ディスプレイを使用したデジタルアートでは、枠による制約を受けますが、開発の背景には「『枠内』に人間の発想を閉じ込めることで、現代人の発想・着想がむしろ貧困になっているのではないか」という危惧があったそうです。

落ち葉型ディスプレイの構造 落ち葉型ディスプレイの断面構造

EC材料が赤から緑に変わる様子 ルテニウムイオンを含む材料の色変化

 研究グループは、今後は自由曲面や3次元構造を有するディスプレイ、風力などにより表示が変わるディスプレイ、透明になり消えるディスプレイなど、従来のディスプレイの概念を広げていきたいとしています。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン