ニュース
» 2019年12月05日 21時00分 公開

「猫の学習能力やばい」「ここまで進化したのか……!」 飼い主をたたき起こすためにルンバの起動を覚えた猫ちゃん

これは賢い。

[k村,ねとらぼ]

 夜中にお腹が減った猫ちゃん。寝ている飼い主さんを起こすために、あるテクニックを習得しました。それは、「ルンバを起動させて飼い主さんをたたき起こす」という、人類の想像の斜め上を行くもの。猫さまの進化はどこまでいってしまうの……?



 Twitterユーザーのondine(@s_ondine)さんが投稿したのは、夜中にルンバを起動させる猫ちゃんの動画。暗闇の中、充電中のルンバの上に猫ちゃんが乗っています。まずは、ルンバが自由に動き回れるよう充電コードを移動させています。


ALT コードを邪魔にならない場所へ

 そして、本体中央にあるボタンに両前足で華麗なる猫パンチ! 連続パンチを繰り出していきます。


ALT 起動ボタンに猫パンチ!


ALT 起動音とともにルンバが動き出す

 「プル〜リラ〜!」というおなじみの起動音が鳴り、ゆっくりと動き出すルンバ。起動を確認した猫ちゃんは、ルンバの上からそっと降り、どことなく満足気な表情。「ふぅ、ひと仕事終わったにゃ。これで飼い主は起きるはずにゃ!」なんて声が聞こえてきそう。猫ちゃん、なんて策士なの……!


ALT いよいよルンバが動き出す


ALT 「行け、ルンバ! にんげんを起こすのにゃ!」

 動画には「いけ! ルンバ! 下僕をたたき起こしてくるのニャ〜って言ってるみたい」「自分で鳴いて起こさずに、機械族を反乱させて飼い主に訴えるとは……」「最後に一瞬、カメラ目線でドヤ顔してる」など、その賢さに驚きと称賛の声が寄せられました。

 ちなみに飼い主さんの投稿によると、現在ルンバは「猫ちゃんの手が届かない場所に収納されているため、この方法でたたき起こされることはなくなった」とのこと。しかし、これほどの賢さを持つ猫ちゃんなら、すぐに新しい方法を見つけてしまいそう。人間とお猫さまの頭脳戦に、終結は来るのか。今後も猫ちゃんの進化に注目です。













 

画像提供:@s_ondineさん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」