ニュース
» 2019年12月05日 09時00分 公開

家電のトリセツURLをQRコードにして貼っておく! いざというとき助かるアイデアに賛美の声

みんな取説ってどう保管してる?

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 企業サイトに掲載されている取扱説明書のURLを、Webサービスなどを駆使してQRコードに変換し、手持ちの家電に貼っておくライフハックが便利そうです。

電気ストーブにQRコードを張った写真 QRコードで取説が読める!(画像提供:ちぇしさん)

 Twitterユーザーのちぇし(@Cheshicom)さんがファンヒーターにQRコードを張った写真を投稿し、話題に。この方法を使えば、取扱説明書を見たいときに、さっとスマホでQRコードを読み込むだけで確認可能になります。

ライフハックを示した漫画 取説を読みたいとき、探す手間がないのがいい

 実は、筆者もこのアイデアを以前から知っていて、やろうと思ったことがあります。しかし、実際にやってみるといくつかの“試練”があります。


QRコードを印刷するのが面倒

 プリンターがすぐに使える状態の家庭であれば、それほど面倒ではないかもしれませんが、プリンターが家にないと一気に面倒になります。

 ネット上には、スマホから印刷できるブラザーのラベルプリンター「P-TOUCH CUBE」が便利などの声がありました。ラベルプリンターでサッと印刷できたら便利そうです。


企業サイトのURLが変わってしまって見られない

 企業サイトのURLは変更されることがあります。なので、いざ、取扱説明書を見ようと思ったときに「404 not found」と表示されてしまうことも。この対策としては、ダウンロードしたPDFファイルを、DropBoxやEvernoteなどのクラウドに保存し、共有URLをQRコードにするという方法もあります。




 その他、取扱説明書を便利に管理する方法として「トリセツというアプリが便利」、「パソコンに取説フォルダを作っておいて、そこに全部保存する」などのアイデアが寄せられていました。なんにせよ、取扱説明書の保管には多くの人が苦労しているようです。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.