ニュース
» 2019年12月05日 16時30分 公開

PS4新作紹介アニメPVに他作品からの盗用指摘→動画取り下げに ソニーは事実関係の調査中

これは……。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 PS4の冬の新作ラインアップを紹介するアニメPVに他作品からの「盗用」が指摘され、国内外で批判が集まっています。当該PVは既にWeb上で非公開に設定されています。ねとらぼ編集部の取材に対し、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は現在調査中のため、コメントは差し控えるとしました。


この猫さんも……?


 問題となっているのは11月29日から配信されていたPV「PS4 Lineup Music Video『夢の中へ』Winter Mix ft.たなか」。この冬注目の16タイトルを紹介するという趣旨で、井上陽水の名曲「夢の中へ」に乗せ、カラフルな色合いの中をキャラクターが疾走するアニメーションが印象的でした。

 アニメーション監督はオタワ・アニメーション国際映画祭などでも受賞歴があるというKevin Bao氏。PVの公式動画は削除済みですが、海外メディアのCatsukaなどが投稿している比較動画では、人気アニメ「フリクリ」「スティーブン・ユニバース」などとそっくりの構図が確認できます。有名作品の名シーンを部分的にまねただけであれば「パロディー」や「オマージュ」として成立したかもしれませんが、PVでは複数の作品から脈絡なく借用。特にフランスのアニメアカデミー・ゴブランの学生作品などからも完コピな画面が見受けられ、悪質な印象を受けます。


「フリクリ」5話でアニメーターの吉成曜氏が手掛けた有名なシーン。むしろなぜばれないと思ったのか(画像はCatsukaの比較動画より

 なんにせよSIEやKevin監督からの説明が待たれます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.