ニュース
» 2019年12月05日 19時00分 公開

推し活グッズ:100均のアイテムで作れる! お気に入りのアクリルスタンドにぴったりのオリジナル「アクスタケース」作ってみた (1/2)

持ち運びに便利!

[ねとらぼ]

 アニメグッズに端を発し、いまやアイドルグッズとしても人気のある「アクリルスタンド」。持ち運びの機会の多いアクリルスタンドを入れる「アクスタケース」を100円ショップのアイテムで自作するのが、SNSでひそかなトレンドになっています。編集部でも実際に作ってみました。

 アクリルスタンドは、キャラクターやアイドルの絵や写真がアクリル板にプリントされたグッズ。名前の通り自立するので、旅行先やかわいい食べ物と一緒に写真を撮って楽しむのがメジャーになっています。

アクスタケース 筆者のデスクに置いているミッキーマウスのアクリルスタンド

 仕組みはシンプルで、メインとなる絵や写真のパーツを、土台のパーツに差し込むことで自立させるというもの。パーツが2つに分かれているのに加え、大きさもそこまで大きくないので、持ち運びの際に無くしてしまいやすいグッズでもあります。

 そこで、便利グッズの1つとして注目されているのが、100円ショップのデータカード用カードケースを使って作る「アクスタケース」です。男性アイドルグループのファンを中心に、かわいくデコレーションしたケースを作るのがトレンド化しています。

 作り方はシンプル。カードケースの中に、アクリルスタンドの形に切り抜いたEVAスポンジシートを敷くだけです。筆者は「ダイソー」で材料を入手しました。

アクスタケース アクスタケースの材料。ダイソーで購入したデータカード用のカードケース。大きさは約12センチ×7センチほど。
アクスタケース 同じくダイソーで購入した工作用のEVAスポンジシートを使います

 まずは、カードケースの中に入っているデーターカード用のトレーを出します。このトレーをテンプレートにして、カードケースにぴったり合うの形EVAシートを2枚切りだします。筆者はそのままカッターで切りましたが、丁寧に作りたい方はボールペンで切り取り線をつけてから作るのがよさそうです。

アクスタケース カードケースの形にシートを切ります

 カードケースサイズに切ったEVAシートのうち1枚に、アクリルスタンドの形をマークしていきます。このとき、アクリルスタンドを裏返しにしてマークすると、仕上がりがきれいになります。あとは線に沿ってカッターナイフで切り抜くだけ。切ったシートをカードケースにセットすれば、アクスタケースの完成です。

アクスタケース アクリルスタンドの形にそってマークをつけます
アクスタケース 切り抜いたシートをケースに収めれば完成!

 EVAシートは無地なので、シールなどを使ってデコレーションするとよりかわいい仕様になります。筆者は、マスキングテープでストライプ模様をつくり、その上にシールを貼ってデコレーションしてみました。このほか、カードケースのふた部分にデザインシートを入れたり、背景にデザインペーパーを使ったりすることで、よりかわいいケースを作ることができそうです。

アクスタケース マステでストライプ模様に
アクスタケース 完成したアクスタケース。EVAシートがしっかりアクリルスタンドにフィットするので、裏返してもアクリルパーツが外れません
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.