ニュース
» 2019年12月05日 20時30分 公開

【追記あり】「初カキコ…ども…」10周年に投稿者が名乗り出る 「『りぼん』読み切りの台詞をパクった」→読んで真相を調べてみた

りぼん64冊を調査しました。※12月9日追記

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 10年前の2009年12月3日、2ちゃんねるオカルト板グロ総合スレに書き込まれ、その痛々しさからコピペとして広まったレス「初カキコ…ども…」をご存じでしょうか。投稿者と名乗る人物がTwitterに降臨し、一部ユーザーの間で騒然となっています。

 投稿者(現在はアカウントを消去)によると、いまだ語り継がれるあの迷文は、『りぼん』の読み切り漫画をパロディにした“ネタ”だというのです。じゃあ「中3でグロ見てる腐れ野郎」は実在しないってこと……?

 ねとらぼ編集部ではアカウントが消える前にDMで取材を申し込みましたが「本人が掘り下げると無粋になる」との理由で詳しいコメントはもらえませんでした。


初カキコ…ども…

132:本当にあった怖い名無し:2009/12/03(木) 03:48:38 ID:i8XtSQs10

初カキコ…ども…

俺みたいな中3でグロ見てる腐れ野郎、他に、いますかっていねーか、はは

今日のクラスの会話
あの流行りの曲かっこいい とか あの服ほしい とか
ま、それが普通ですわな

かたや俺は電子の砂漠で死体を見て、呟くんすわ
it’a true wolrd.狂ってる?それ、誉め言葉ね。

好きな音楽 eminem
尊敬する人間 アドルフ・ヒトラー(虐殺行為はNO)

なんつってる間に4時っすよ(笑) あ〜あ、義務教育の辛いとこね、これ


 ツイートによれば「初カキコ…ども…」はおよそ30年前の『りぼん』に掲載された読み切り漫画が元ネタ。「いますかっていねーか、はは」「〇〇はNO」などの中二病発言は、かっこいいヤンキー転入生が自己紹介で発した台詞を流用したというのです。これは調査するしかない……!

 「具体的な号数は思い出せないが、『星の瞳のシルエット(作:柊あおい)』の連載期間中であることは間違いない」とのこと。だとすればターゲットは1985年12月号〜1989年5月号に絞られます。

 すぐさま国会図書館へ向かい、2日間かけて該当号の読み切りを調べました。


初カキコ…ども…

初カキコ…ども…

初カキコ…ども… 『星の瞳のシルエット』が掲載されていたのは30〜34年前(画像はamazonより

 さて、結論からお伝えすると、元ネタとみられる漫画は確認できませんでした

 『星の瞳のシルエット』連載期間中に本誌掲載された読み切りは38本。そのうち閲覧可能だった37本に目を通しましたが、それらしい台詞は見当たりません。増刊号である『りぼんオリジナル』まで調査対象を広げてみても成果は無し。

 そもそもヤンキー男性がメインキャラクターとして登場するエピソード自体まれで、「転校してくる」というシチュエーションに至っては『りぼんオリジナル』1986年4月号に掲載された『ベイビーおてやわらかに(作:きたうら克己)』のみ。

 しかし同作は「三枚目のヤンキーが超強いヒロインに振り回される」という内容であり、ツイート投稿者の証言とはマッチしません。飲酒・喫煙するヒロインが主人公の読み切りも1本だけ存在しましたが、こちらも同様に元ネタではなさそうです。

 残念ながら2日目も国会図書館が閉館する19時を迎え、『星の瞳のシルエット』連載期間外は未調査のまま終了(あ〜あ、公共施設の辛いとこね、これ)。また、『りぼん』86年3月号および『りぼんオリジナル』88年2月号・88年6月号はメンテナンス中で閲覧できなかかったため、これら3冊に掲載されていた可能性も残されています。 ※記事末尾に追記あり




【12月9日追記】残る3冊も調査しましたが……

 12月9日、「明治大学 現代マンガ図書館」にて『りぼん』86年3月号および『りぼんオリジナル』』88年2月号・88年6月号を確認しましたが、それらしいセリフは見つかりませんでした。以上の調査で『星の瞳のシルエット』連載期間中の全読み切り作品に目を通したことになります。

 とはいえレスが投下されたのは10年も昔。ツイート投稿者の記憶違いだったのかもしれません。

 本文中でも述べましたが、該当期間の『りぼん』に不良らしい不良はほとんど登場せず、ちょっとオラついた男がコマの端を横切るだけで「もしかして……こいつが……!?」と運命の相手に出会った乙女のようなときめきを感じられました。「『りぼん』ではなく別の雑誌だった」という可能性はまだ残されていそうです。

 ねとらぼでは引き続き調査を行っています。情報をお持ちの方からのご連絡、お待ちしております。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響