メディア
ニュース
» 2019年12月06日 15時52分 公開

「ベッドでスマホ」を辞めるのが、年収1000万プレーヤーへの第一歩? 睡眠と年収に関する調査結果が発表に

マジなのか……?

[ねとらぼ]

 化粧品などを販売するアンファーは睡眠と年収に関する調査を実施し、12月5日にその結果を発表しました。調査結果では、年収が高い人は睡眠の質に気を使う傾向が見られています。

 調査の対象となったのは、全国男女4700人。まず、「寝る前に寝床でスマホを操作しますか?」という質問に「操作しない」と答えた人は、年収1000万円以上の人は50%、年収1000万円未満の人は37.3%という結果になり、大きな違いが現れました。

睡眠と年収に関する調査 「寝る前に寝床でスマホを操作しますか?」

 また、「1週間に3回以上寝床でスマホを操作する」と答えた人は、年収1000万円以上の人は27.4%、年収1000万円未満の人44.8%と差が開いています。筆者としては、なぜ「毎日寝床でスマホを操作する」という項目がないのか!? と思いますが……。

 この結果を、アンファーは「この結果から寝床でスマホを操作するかどうかは年収との関連があると考えられ」ると分析しています。マジか……?

 なお、寝る前のスマホ操作については、1000万円プレイヤーの睡眠事情に関する調査(関連記事)で、1000万円プレーヤーの3割近くが睡眠時間5時間以下という結果が出ており、意識的にやっているのではなく実はめちゃくちゃ疲れていて寝落ちしているだけの可能性も考えられます。

 このほか、年収1000万円以上の人は「寝具にお金をかけている・かけようと思っている」「早寝・早起きを行っている・心掛けている」と回答する割合が高くなっており、年収1000万円以上の人は貴重な睡眠時間を質の良いものにする意識が高い傾向にあるのは確かなようです。

睡眠と年収に関する調査 アンケートの結果をまとめたリスト。黄色と緑に色付けされた項目で大きな差が出ているのが分かる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.