ニュース
» 2019年12月07日 16時15分 公開

「Twitterに投稿したイラストがTシャツに無断利用」問題 クリエイターの盗人ボット対抗策に注目集まる (1/2)

ボットを使ってTwitterからTシャツのデザインを収集している無断利用業者に、クリエイターが対抗しています。

[ねとらぼ]

 Twitterに投稿したイラストを勝手にTシャツなどのデザインに使われてしまう――この問題に対処しようとするクリエイターの取り組みが海外で注目を集めています。

「このサイトは盗んだ作品を売っているので買わないで」というデザインのTシャツが続々(Google画像検索から)

 海外メディアによると、この取り組みを始めたのは@Hannahdoukenさん。クリエイターの作品が、自作Tシャツ販売サイトに出品されている商品などに勝手に使われている問題に対抗しようというものでした。

 イラストを無断使用してTシャツを作っている人物は、ボットを使ってデザインをTwitterから収集しているのではないかと考えた@Hannahdoukenさん。クリエイターがイラストを投稿すると、ファンから「Tシャツにしてほしい」といったリプライが寄せられます。ボットが自動でそのようなリプライを検知し、イラストをコピーして自作Tシャツ販売サイトに出品する仕組みになっているのではないかという仮説を立てました。

 その仮説を検証するために、@Hannahdoukenさんは12月3日、「このサイトは盗んだ作品を売っているので買わないで」という文字をデザインしたイラストをTwitterに投稿し、「『Tシャツにしてほしい』というリプライをつけてほしい」と呼びかけました。

 その後まもなく、複数のWebサイトでこのメッセージをそのままデザインしたTシャツが出品されているという報告が寄せられました。7日現在、これらのTシャツは削除されているようです。サイトによっては「私的財産を侵害する商品を禁止する規約に違反したので削除した」という説明を掲載しています。

複数のサイトでTシャツが出品された(Googleのキャッシュから。現在は削除)
削除したあとに規約違反との説明が残されているケースも

 @Hannahdoukenさんは他のクリエイターにもこの手法をお勧めしており(ただし、エログロ画像や他人の作品は避けるよう促しています)、同様のメッセージをデザインした画像を投稿する人も出てきています。さらに過激に、ミッキーマウスの絵を描いて「これはパロディではない。私達は著作権を侵害しておりディスニーに訴えられたい」というメッセージを添えた画像を投稿する人も。

 さらにはディスニー公式アカウントが投稿した画像ツイートに対して「Tシャツにして」とリプライを送り、ボットを引っかけようとする人が続出しているようです。

ディズニー公式アカウントにも「Tシャツにして」リプライが
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.