メディア
ニュース
» 2019年12月08日 10時00分 公開

「2019国際ロボット展」に“車”から“ロボ”形態にトランスフォームする「T9」が出展へ 初の大規模量産される変形ロボット

動かしてみたい。

[宮原れい,ねとらぼ]

 12月18日〜21日に東京ビッグサイトで開催される「2019国際ロボット展」にて、Robosenが独自開発した変形ロボット「Robosen T9」が出展されます。ブース番号は「S3-47」。


2019 国際ロボット展 変形ロボット 大規模量産 トランスフォーム Robosen T9 Robosen T9

 サービスロボットの技術会社である同社が2009年から開発に取り組み、9年間かけて完成させた変形ロボット「T9」。名前の“T”はトランスフォームの英字頭文字であり、音声コマンドやアプリを使って瞬時に車から人型(または人型から車)へのトランスフォームが可能となっています。変形時の俊敏性とスムーズ感が技術的なポイントとのこと。


2019 国際ロボット展 変形ロボット 大規模量産 トランスフォーム Robosen T9 米ラスベカスで開催された「CES2019」でも人気を集めたという変形ロボット

 他にも、二足歩行や音楽に合わせたダンスから、腕立て伏せ、射撃動作などができます。あらかじめ用意されたアクション以外にも、自分で好きなものを編集したりも可能です。


2019 国際ロボット展 変形ロボット 大規模量産 トランスフォーム Robosen T9 簡単にプログラミングが可能なのも特徴です

 また教育向けプログラミング機能として、子どもたちでも楽しみながら学べる初心者向けの「手動ティーチング式プログラミング」をはじめ、中級者向け「スクラッチプログラミング」、上級者向け「3Dプログラミング」とステップアップする3つのプログラミング方式を提供します。さらに専用コミュニティでプログラムのアップロード&ダウンロードをしたりと、ユーザー同士での情報共有もできるとのこと。

 「Robosen T9」は、ソフトウェアもサーボモーターもRobosenが自社開発。また圧倒的なコストパフォーマンスを実現し、世界初の「大規模量産化できた変形ロボット」をうたっています。


2019 国際ロボット展 変形ロボット 大規模量産 トランスフォーム Robosen T9 動きを実際に見てみたい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.