ニュース
» 2019年12月08日 10時00分 公開

「2019国際ロボット展」に“車”から“ロボ”形態にトランスフォームする「T9」が出展へ 初の大規模量産される変形ロボット

動かしてみたい。

[宮原れい,ねとらぼ]

 12月18日〜21日に東京ビッグサイトで開催される「2019国際ロボット展」にて、Robosenが独自開発した変形ロボット「Robosen T9」が出展されます。ブース番号は「S3-47」。


2019 国際ロボット展 変形ロボット 大規模量産 トランスフォーム Robosen T9 Robosen T9

 サービスロボットの技術会社である同社が2009年から開発に取り組み、9年間かけて完成させた変形ロボット「T9」。名前の“T”はトランスフォームの英字頭文字であり、音声コマンドやアプリを使って瞬時に車から人型(または人型から車)へのトランスフォームが可能となっています。変形時の俊敏性とスムーズ感が技術的なポイントとのこと。


2019 国際ロボット展 変形ロボット 大規模量産 トランスフォーム Robosen T9 米ラスベカスで開催された「CES2019」でも人気を集めたという変形ロボット

 他にも、二足歩行や音楽に合わせたダンスから、腕立て伏せ、射撃動作などができます。あらかじめ用意されたアクション以外にも、自分で好きなものを編集したりも可能です。


2019 国際ロボット展 変形ロボット 大規模量産 トランスフォーム Robosen T9 簡単にプログラミングが可能なのも特徴です

 また教育向けプログラミング機能として、子どもたちでも楽しみながら学べる初心者向けの「手動ティーチング式プログラミング」をはじめ、中級者向け「スクラッチプログラミング」、上級者向け「3Dプログラミング」とステップアップする3つのプログラミング方式を提供します。さらに専用コミュニティでプログラムのアップロード&ダウンロードをしたりと、ユーザー同士での情報共有もできるとのこと。

 「Robosen T9」は、ソフトウェアもサーボモーターもRobosenが自社開発。また圧倒的なコストパフォーマンスを実現し、世界初の「大規模量産化できた変形ロボット」をうたっています。


2019 国際ロボット展 変形ロボット 大規模量産 トランスフォーム Robosen T9 動きを実際に見てみたい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」