メディア
ニュース
» 2019年12月09日 07時30分 公開

薬物中毒者の乱入から守ってくれた全裸のおっちゃん「おっちゃんが守ったる。まあまあ丸腰やけど」 銭湯での思い出漫画

全裸の覚醒剤中毒者が店に飛び込んできた話。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 11月26日「いい風呂の日」にちなんでTwitterに投稿された、銭湯での思い出話を描く漫画がなかなかスリリングです。雰囲気こそ「古き良き時代」だけれど、“肌に絵の入ったおじさん”がちょくちょく出てくる。


アイキャッチ 「無邪気」のひとことで済ますには恐ろしいエピソード

 作者の四葉(@yuiko_clover)さんが2〜3歳のころ、実家の銭湯であった実話。古くは造船所を営んでいた名残で、お客さんには彫り物の入った船大工が多く、近くには“その筋の人”の事務所もあったことから、刺青は珍しいものではなかったといいます。


 銭湯の2階には広いベランダがあり、そこからは男湯が丸見え。ある日四葉さんは、おじさんたちの“背中にある鯉や龍”がとても暑そうに見えて、良かれと思ってベランダから水を浴びせ、お腹が空くだろうからと、おやつのかっぱえびせんまでまきました。何も知らない幼児のしでかしたこととはいえ、ハラハラしかしない。


1-1

 唐突に水を浴びて、一部のおじさんがカチコミ(敵対組織からの襲撃)と勘違いしかけるまでの事態となり、四葉さんは祖父から大目玉をくらうことに。ただ、事情を説明されたおじさんたちは優しくしてくれたそうです。

 その後四葉さんは、家業を手伝うようになった中学生時代のエピソードを披露。番台に立っていたある日、全裸の覚醒剤中毒者が、四つんばいで店に飛び込んでくる場面から始まります。開幕からクライマックスすぎる。


2-1

 四葉さんはパニックに陥ってしまいましたが、気付けばいつものおじさんたちが、「怖がらんでええ安心しい、おっちゃんらが守ったるからな」と、自分をかばうように立っていてくれました。和ませようとしたのか、「言うておっちゃんら、まあまあ丸腰やけども」と、全裸で軽くおどけながら。四葉さんは思わず「……おっちゃん……まあまあどころの話ちゃうで。全部やん」とツッコみます。


2-2

2-3

 結局、覚醒剤中毒者はロッカーに飛び乗ってはい回っていたところを、警官隊に確保されました。四葉さんは「おじさんたちも怖かっただろうに」と、感謝の気持ちを述べつつ漫画を締めくくりました。

 「いい風呂の日」にちなんでいるようでちなんでいない恐ろしい話に、読者からは「先生、パンチが強すぎます」とツッコミ多数。なお、実家は古くから商売していたため、四葉さんはお客さんから親切にされていたそうですが、親からは「その筋の人」について、「怖がらなくてもいいけど、慣れてはいけない」と教えられたそうです。深い。


作品提供:四葉(@yuiko_clover)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.