ニュース
» 2019年12月09日 19時30分 公開

「ずっと探してる人がいるんです」 探している人と探されている人、2人の人生を4ページに凝縮した漫画が奥深い

お話に引き込まれます。

[林美由紀,ねとらぼ]

 探している側と探されている側の両方の視点から、次第に明らかになる2人の関係を描いた漫画「ずっと探してる人がいる」のラストの展開に心が動かされます。作者は漫画家の江戸川治(@edoosam)さんです。


ずっと探してる人がいる05 ある女性の消息を尋ねています

 物語は「常田めいこ」を探している人物が彼女の勤め先や行きつけのお店を訪れる場面から始まります。「つい1週間前に辞めちゃったのよねえ」「アパート? 知ってるけどもう引越ししちゃってるかもよ」。勤め先やお店の人は口々に語ります。教えてもらった住所を訪ねると、アパートの住民らしき女性が「そこはもう空き部屋ですよ」と……。


ずっと探してる人がいる01 常田めいこを探して……

 そして物語はめいこの視点に。「アンタの息子だって子がウチにアンタを訪ねてきてさあ」「息子が5才のときに家を飛び出したんだって?」「あわす顔がないって……バカ言ってんじゃないわよ!」――勤め先や行きつけのお店の人の言葉から、誰がどんな事情で彼女を探していたのかが浮かび上がってきます。


ずっと探してる人がいる02 誰が探しているのかが明らかに

 アパートの部屋の呼び鈴を何度も鳴らす少年。「そこはもう空き部屋ですよ」と教えてくれた女性に頭を下げて帰ろうとします。女性の頬を伝う涙。少年は泣きながら彼女を呼び止めます。「僕……ずっと探してる人がいて…」


ずっと探してる人がいる03 女性のほほを伝う涙は……


ずっと探してる人がいる04 2人の人生が重なった瞬間

 異なる人生を歩んできた親子の「探す側」「探される側」の2つの視点で物語が進み、最後に1つに重なる。2人が一言も語っていなくてもまわりの言葉で状況が理解できる展開が秀逸。すれ違ってしまうと思いきや、会えた――最後の展開に目頭が熱くなりました。

 この漫画の読者からは「めちゃくちゃ泣きました」「たった4ページなのに奥行きありすぎ 素晴らしすぎる涙」「この短さの中に、2人の歩んできた人生を想像させる熱量が…」「気付いたんだ…良かったねぇ2人とも…」などストーリーの巧妙さや結末に感動したというコメントが届いています。

 作者の江戸川治(@edoosam)さんは、『ホウキにまたがる就活戦争』『仁義なき吉田家』などを手掛けています。Twitterのモーメントではさまざまなショート漫画を読むことができます。

画像提供:江戸川治(@edoosam)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン