ニュース
» 2019年12月09日 12時15分 公開

社会に溶けこむ推し色グッズブランド「OSYAIRO」 これが仕事からのライブ参戦用バッグの最適解か……

どれも「いつものアイテム」にできるのがうれしい。

[ねとらぼ]

 フェリシモから、“推し色”を普段の生活にも取り入れられる雑貨のブランド「OSYAIRO(おしゃいろ)」が登場しました。仕事からそのままライブに行けるデザインのバッグや、ネイルシールなど、色で“推し”を身近に感じられるアイテムがラインアップされています。

OSYAIRO OSYAIROのロゴマーク

 「おしゃれな推し色」という意味の「OSYAIRO」は、キャラクターやアイドルのイメージカラー=推し色をテーマにしたブランド。さまざまな推しがいる人たちに向けて、 好きな推し色でアイテムを選べるように、カラーバリエーションを豊富に展開しているのが特徴です。

 第1弾のラインアップは、「ビッグトートバッグ」「ネイルシール」「ピアス/イヤリング」「紙セット」の4種類。中でも注目なのは、通勤や普段づかいもできて、そのままライブに行ける「ビッグトートバッグ」です。

 「大きな内ポケット付きビッグトートバッグ」は、外側は普段に持てる落ち着いたカラー、内側は鮮やかな推し色でできているトートバッグ。高級感のあるフェイクレザーとくすみカラーのかわいいデザインですが、仕事用のノートPCはもちろん、大きなサイズの応援うちわが持ち手までたっぷり入る大きさがポイントです。また、底は鋲付きでしっかりしているため、バッグが自立し床置きができたり、軽さや、椅子などに置きやすい縦長のデザインなど、細かいところまでライブ会場での便利さを考えた仕様になっています。

OSYAIRO くすみカラーがかわいいトートバッグ(5200円/税別、以下同)。グリーン(左)とパープル(右)
OSYAIRO 内側は鮮やかな推し色に
OSYAIRO ライブ用のグッズを収納できる大きさが魅力です
OSYAIRO ブラック、レッド、ブルー、イエロー、パープル、ピンク、グリーンの7色展開

 「ネイルシール」は、仕事中にも必ず目に入る指先に推し色を! という思いから生まれたアイテム。「単色で大人っぽいネイルシールは意外と売っていない」という声を受け、子どもっぽくならない絶妙なカラーとデザインに仕上げています。シンプルなカラーのみのシールのほかに、マーブルやフレンチなど同色でデザインの異なるシールが入っているので、マニキュアをただ塗るのとは一味違ったネイルを簡単に楽しめます。

OSYAIRO ネイルシール(1350円)。左右で違う色にしても良さそう
OSYAIRO シンプルなデザインがすてき
OSYAIRO レッド、ブラック、イエロー、パープル、ブルー、ピンクの6色展開

 このほか、アクセサリーでさりげなく推し色を取り入れられる「ピアス/イヤリング」や、封筒や便箋などを自分で作れる「紙セット」など、毎日の生活を少し元気づけてくれそうな推し色アイテムが登場しています。今後は、まだないカラーのラインアップや、新アイテムの展開を予定しているとのことです。

OSYAIRO ピアス/イヤリング(2300円〜2580円)。デッドストックのパーツを使用したものも
OSYAIRO どんな服装にも合わせやすいデザインがポイント
OSYAIRO ニュアンスの異なる同系色の紙がセットになった紙セット(1350円)
OSYAIRO 紙セットには封筒用のテンプレートも付いてきます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」