メディア
ニュース
» 2019年12月09日 14時45分 公開

LINE Pay、国内キャッシュレス決済で初めて「銀行口座」振込に対応 振込口座が分からなくても入金できる機能も

これは使い方広がりそうだ。

[ねとらぼ]

 LINE Payは、「LINE Pay(ラインペイ)」の送金機能拡充をおこない、12月9日より「LINE Pay残高」を法人・個人の銀行口座へ振込できるサービスを開始しました。同時に、銀行口座が分からなくても、相手の名前と電話番号などが分かれば送金できる機能も追加されています。これは便利そう。

 今回の機能拡充によって、LINE Payではインターネットバンキングのように、スマホだけでの銀行振込が可能になりました。残高を銀行口座に振込可能にするのは、国内決済事業者として初の試みです。

 これまでLINE Payでは、振込相手のLINE Payアカウントへの送金が可能でした。今回の機能拡充では、相手の銀行口座情報が分からなくても、名前と電話番号・Eメールアドレスのいずれかを知っていれば、残高を銀行口座に直接振込むことが可能になりました。

LINR Pay 送金相手の銀行口座が分からなくても、SMS、メールを使って入金できます。LINE Payサイトより

 LINE Payの銀行口座振込サービスの手数料は一律176円。曜日時間帯によって変動しないのが特徴です。LINE Payアカウント間での送金は、今まで通り無料となっています。

 日本国内では、給与が銀行口座への振込であることなどから、成人のほぼ全員が1つ以上の銀行口座を保有しており、銀行口座振込でのお金のやりとりは法人から個人まで日常の様々なシーンで利用されています。政府が公開している「未来投資戦略2018」によると、日本のキャッシュレス決済比率は約20%ですが、銀行口座を使った支払いを含めれば約50%まで引き上がる可能性があるとのこと。今回の銀行口座への送金機能は、こうした背景から追加されたものです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.