ニュース
» 2019年12月09日 17時31分 公開

テレビ朝日HD、東映を持分法適用関連会社化 連携を強化

テレ朝はコンテンツ制作力の強化を掲げています。

[ねとらぼ]

 テレビ朝日ホールディングスは12月9日、東映の株式を追加取得し、持分法適用関連会社にすると発表しました。テレビ朝日HDは「コンテンツ制作力の強化」を掲げており、東映との連携を強め、企業価値向上を図るとしています。

フォト 東映のWebサイト

 テレビ朝日HDは12月9日付で東映の株式を取得。テレビ朝日HDの議決権比率は現在の13.0%から約17.8%に上昇します。

 現時点でもテレビ朝日HDは東映の筆頭株主であり、東映もテレビ朝日HD株式の約15.5%を保有する第2位株主という関係です。人気ドラマ「相棒」シリーズや、「仮面ライダー」シリーズ、「戦隊」シリーズなど、テレビ朝日と東映はコンテンツ面でも深い関係にあります。

 テレビ朝日HDの株式時価総額(9日終値ベース)は約1993億円なのに対し、東映の株式時価総額(同)は2512億円と、東映が上回っています。

フォト テレビ朝日HDの株価推移(Yahoo!ファイナンス
フォト 東映の株価推移(Yahoo!ファイナンス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.