ニュース
» 2019年12月10日 12時15分 公開

中原淳一が描いた「よそ行き」風 79年前のデザインを再現したワンピースがかわいい

現代の「かわいい」に通じている。

[ねとらぼ]

 Twitterユーザーの華子さん(@1930sseamstress)が、昭和15年(1940年)にデザインされたお正月向けのワンピースを製作、公開し、これを見た人から「すてき!」「かわいい」といった声が上がっています。79年経った今でもときめく素敵なデザインのワンピースに驚きです。

 華子さんのワンピースは、なめらかな光沢のある別珍生地で作られており、衿は生成りのレースを使ったスタンドカラーになっています。

1940年お正月のワンピース 少女らしさがありつつ落ち着いた雰囲気がかわいいワンピース。Twitterより

 首元とウエストには、ワンピースの生地よりも少し暗い色のリボンをあしらい、華やかな雰囲気に。膨らんだパフスリーブの袖と、キュッと絞られたウエストのラインがクラシカルでかわいいデザインです。別珍やレースが「よそ行き」の特別感を出していて、これを見た当時の人も心を躍らせたのだろうな……と想像が広がります。

 今回Twitterに投稿されたお正月向けのワンピースは、雑誌『少女の友』の人気画家だった中原淳一氏のデザイン。『少女の友』の連載「女学生服装帖」の中で発表されたもので、現在発売されている書籍『中原淳一の「女学生服装帖」』(実業之日本社)の裏表紙にも、このワンピースが描かれています。

1940年お正月のワンピース 『中原淳一の「女学生服装帖」』の裏表紙では紫色のワンピースとして描かれています。Twitterより

 『中原淳一の「女学生服装帖」』を見る限り、もともとのワンピースは紫色のようですが、華子さんは生地を落ち着いたブルーグリーンに変更することで、よりシックな雰囲気に仕上げています。

 このほかにも、華子さんは日本の1930年代前後の女性の洋装文化に興味を持ち、当時のデザインを参考に自分で作った服を着用したりしているとのこと。どれも、古いものならではのロマンティックさがありつつ、今見てもかわいいデザインばかりです。

1930年代前後のワンピース レース地がさわやかなワンピース。Twitterより
1930年代前後のワンピース 昭和6年(1931年)のワンピース。シンプルなデザインと当時を再現したヘアメイクがすてき。Twitterより
1930年代前後のワンピース ウエストベルトと開襟のデザインが特徴的なワンピース。今でもこういうデザインありそう。Twitterより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響