ニュース
» 2019年12月10日 19時06分 公開

『フルメタル・パニック!』作者、環境活動家グレタさんへの“暴言”ツイートを謝罪 「未成年女性を相手にさすがにひどい表現でした」

「すべてを奪って絶望のどん底に叩き落として嘲笑してやりたい」などの発言に批判が集まっていました。

[ねとらぼ]

 『フルメタル・パニック!』などを代表作に持つ、作家・賀東招二さんのツイートがネットで批判を浴びています。賀東さんは12月10日、「未成年女性を相手にさすがにひどい表現でした」と振り返り、「他人への尊重に欠けた私の言動により多くの方にご心痛をおかけしたことをお詫びします」とTwitterで謝罪しました。



 問題となっていたのは、賀東さんが8日に投稿したツイート。環境活動家グレタ・トゥーンベリさんのニュースに触れつつ、グレタさんについて「俺もこの子きらい」と言及。また「もし自分が世界の影の支配者だったら、すべてを奪って絶望のどん底に叩き落として嘲笑してやりたい」「あっつあつの超うまいステーキとか食わせてやって、悔し涙を流す姿が見たい」と、菜食主義者であるグレタさんをあざけるような文章も投稿していました(現在はツイートは削除済み)。


フルメタ 謝罪 賀東さんの代表作『フルメタル・パニック!』シリーズ(書影はAmazon.co.jpより)

フルメタ 謝罪 賀東さんが言及していた、グレタ・トゥーンベリさんについてのニュース(NHK NEWS WEB

 この発言に対しネット上では、「フルメタの大ファンだから、作者がこういった発言をするのは正直悲しい」「『嫌い』は個人の感想なのでどうでもいいけど、16歳の少女を相手に『徹底して嫌がらせしてやろう』っていう根性がもう小学生未満の幼稚さ」など批判が集中。さらに『フルメタル・パニック!』のコミカライズを担当したカサハラテツローさんも「この方の代表作のひとつ『フルメタル・パニック!』のコミカライズを僕は担当しました。しかし作者の方の主張には、賛同しません。今後拙作『フルメタル・パニック!zero』の宣伝はしませんし、続編も描く事はないでしょう」と賀東さんのツイートを非難しました(現在は賀東さんの謝罪を受け、カサハラさんもツイートを削除)。

 こうした流れを受け、賀東さんは10日、Twitterを更新し問題となっていた発言について謝罪。当該のツイートを削除するとともに、「当面Twitterについては休止します」とファンに向けて報告しています。


フルメタ 謝罪 カサハラさんがコミカライズを担当していた『フルメタル・パニック!0 -ZERO-』シリーズ(書影はAmazon.co.jpより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」