ニュース
» 2019年12月11日 10時00分 公開

足をケガして民家に迷い込んだ犬を救助→走り回れるほど元気に回復! 怖がっていた人間にも甘えるように

良かった。

[かのん,ねとらぼ]

 米カリフォルニア州ロサンゼルスで活動する動物保護団体「Hope For Paws」が、ケガしたワンコを救助する様子をYouTubeの公式チャンネルで公開。39万回を超える再生数となっています。


足をケガして迷い込んだワンコ

 「Hope For Paws」の職員たちが向かったのは、足を負傷したワンコが迷い込んでいると連絡を受けた民家。門を開けると玄関先に1匹のワンコがいましたが、突然の訪問を怖がっている様子です。


犬 職員に驚き、怖がるワンコ

 職員さんはまず安心させようと、ワンコに食べ物をさしだします。これは関心を引いたようで、恐る恐るですが食べ始めました。ワンコは職員さんが自分を助けてくれる人だと分かったのかおとなしくなり、職員さんはゆっくりと食べさせながらリードを首にかけました。


犬 救助成功!

 その後、ケージに入れて車に運び、フィラという名前を付けて施設へと運びます。フィラの足のケガは獣医師がレントゲンを含め念入りに診察。その結果、骨は折れていないものの、何かの破片などで傷つき感染症にかかっていることがわかりました。


犬 施設でケアされるフィラ
犬 見違えるように元気に!

 ケガの治療やシャンプーなど、手厚くケアされたフィラは職員さんたちのあたたかい愛情に触れながら過ごし、2カ月後にはすっかり健康になりました。職員さんにも心を許して甘えるようになり、元気に外を走りまわっています。

 あとは新しい家族が見つかるのを待つばかり。フィラが安心して過ごせるおうちが早く見つかることを心から祈っています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.