ニュース
» 2019年12月11日 19時30分 公開

【漫画】人生に疲れたお姉さんが拾ったのは「馬タクシー」 不思議で尊いハッピーエンドに「好き」「優しい世界」

4ページに人生と癒やしと尊さが詰まってる……。

[宮原れい,ねとらぼ]

 富士の樹海を目指すお姉さんが出会ったのは、世にも不思議な馬でした――。癒しと尊さが4ページにギュッと詰まった漫画「馬タクシー」を紹介します。こんな優しい世界があってもいい。


馬タクシー 漫画 時田 真冬 樹海 あったかい 馬小屋 癒やし 「どうも馬タクシーです」「うわ、馬だ…」


 無気力な表情でタクシーを待つボサボサ髪のお姉さん。彼女が偶然つかまえたのは、「どうも馬タクシーです」と現れた紳士な馬でした。

 「100キロあたりニンジン1本」と破格の安さの馬タクシーに跨ったお姉さんは、変わらないテンションで「青木ヶ原樹海まで…」と頼みます。目的は昆虫採集だそうですが……?


馬タクシー 漫画 時田 真冬 樹海 あったかい 馬小屋 癒やし こんな真冬に富士の樹海ということは……

 寒い真冬に独りで樹海。「お客さんもしかして…」と察して説得を試みる馬でしたが、お姉さんのプレッシャーに負けて話を切り出すことができず、頑張りむなしく目的地に到着してしまいます。

 お姉さんは「ニンジン千本くらい買えるよ」と5万円を馬に握らせ樹海の奥へ。「馬乗ったの初めてだ 最後に面白い人生だったな…」と少しだけポジティブになりながらも、当初の目的通り“凍死コース”を選びます。


馬タクシー 漫画 時田 真冬 樹海 あったかい 馬小屋 癒やし 馬タクシーのあたたかさを思い出しながら独り眠るお姉さん

 寒さに震えながら意識を失ったお姉さん。次に目覚めたのは天国でも地獄でもなく、藁(わら)のベッドが敷かれた馬小屋でした。隣では「頂きすぎた代金分 勝手に走っただけですよ」と馬タクシーがニンジンを齧っています。

 ですが九死に一生を得たにもかかわらず、お姉さんは喜ぶどころか暗い表情に。丸2日寝ていたことを知り「上司から罵倒LINE来まくってる」「これが見たくなくて死のうと思ったのに〜」と悲鳴を上げます。お姉さん、会社でずっと苦しんでたのね……。


馬タクシー 漫画 時田 真冬 樹海 あったかい 馬小屋 癒やし 馬タクシーの優しさよ……

 そんな様子を見た馬は「見ちゃったからもう死ななくていいのでは?」とほほえみます。優しい提案を聞いて「……馬はかしこいな…」と納得するお姉さん。大きく伸びをしながら「生まれ変わった気分だよ…」と気持ちよさそうです。

 その後、2人(1人と1匹)はどうなったのでしょうか?

 お姉さんの手助けにより馬を呼び出せる配車アプリが完成。「ニンジン1本」という赤字価格も見直して、馬タクシーは死ぬほどもうかるサービスに(めちゃめちゃ有能……!)。こうしてお金持ちになったお姉さんと馬は、小さな馬小屋で幸せに暮らすのでした。「お金持ちになったのに引っ越さないんですか?」「ここはあったかいしね」


馬タクシー 漫画 時田 真冬 樹海 あったかい 馬小屋 癒やし 寄り添いながら髪をブラッシングする馬とお姉さんの関係が尊い……

 漫画には、たくさんの「好き」や「尊い」の声が寄せられ、中には物語の温かさに涙したという人も。

 作者は漫画家の時田(@tokitadesu)さん。代表作『JKども、荒野をゆけ』は、飛び交うJK用語と独特の世界観がクセになるSFコメディーで、第1巻が発売中。少年画報社の公式サイトから立ち読みが可能です。






画像提供:時田(@tokitadesu)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」