レビュー
» 2019年12月11日 12時30分 公開

「同期のサクラ」このドラマが持つメッセージは何なのか? 「自分の人生だけでいっぱいいっぱい」の残酷な展開に救いはあるのか(2/2 ページ)

[寺西ジャジューカ, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

仲間より、自分の人生でいっぱいいっぱいになる

 8話はターニングポイントになると予想していた。同期がサクラを救い出し、5人の絆を再確認できると思っていたのだ。

 引きこもるサクラの部屋に4人それぞれが直筆の疑似FAXを送る場面には救われた。サクラに無償の愛を注ぐ柊作を思い起こさせるFAX仕立てのメッセージは泣けた

 同期4人(&すみれ)にとってサクラは道しるべだった。「月」村百合、「火」野すみれ、清「水」菊夫、「木」島葵、「土」井蓮太郎たちは、「北」野サクラという北極星に行き先を示されることで安定を保っていた。FAX作戦を見る限り、サクラのやってきたことは無駄ではなかった。

 反面、同期4人はサクラを放置していた期間が丸々1年ある。葵はサクラにこんなセリフを言った。

 「毎日仕事だって大変だし、自分の人生生きてるだけでいっぱいいっぱいなんだからさ」

 今夜放送9話の予告を読むと、8話以上に残酷な展開になることは必至だ。

 「貯金も底をつき、コンビニでアルバイトをしながら就活を続けるサクラだが、同期の悩みを聞こうと、鍋パーティに誘う。当日、一人準備するサクラの元に同期から次々と欠席の連絡が。そして、自分たちで問題を解決していく同期に無力感を覚え〜」

 「自分の人生だけでいっぱいいっぱい」な仲間4人とサクラの距離はさらに広がる。ドライな未来が待ち受けているということ。

 「同期のサクラ」とは、どんなメッセージを持つドラマなのだろう。「辛いことはたくさんあるけど、明日も頑張ろう」とパワーをくれる作品だと思っていた。しかし、風向きがいつしか怪しくなった。

 サクラは夢を失い、社会に潰されかけている。ということは、「現実は厳しい」を訴えるドラマになる? でもそんなの、我々は毎日嫌というほど直面している。ドラマにしてまで、わざわざ味わう必要があるだろうか。今のままなら、正直者がバカを見る希望のない作品になってしまうのだが。

 サクラは散りゆく運命にあるのか? 最後には「このドラマを見てきて良かった」と思わせてくれることを願っている。

 

寺西ジャジューカ

ライターFacebook

まつもとりえこ

イラストレーター&ライター

Twitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」