ニュース
» 2019年12月11日 13時21分 公開

夢野久作の『ドグラ・マグラ』を1年かけてメールでちょっとずつ読んで“積ん読”解消できる

2020年1月1日から12月30日まで毎日3分程度。

[ねとらぼ]

 興味があっても長編の小説を読むのはなにかと腰が重い……なんてことありませんか? NOT SO BADの名作小説をメールで配信する読書サポートサービス「ブンゴウメール」で、夢野久作の怪奇長編『ドグラ・マグラ』を1年間かけてメールで配信する「ドグラ・マグラ365日配信チャレンジ」を、2020年1月1日から開始します。

ブンゴウメール ドグラ・マグラ365日配信チャレンジ

 「ブンゴウメール」は、青空文庫で公開されているパブリックドメインの名作小説を毎月1冊ピックアップし、1カ月で読み切れるように毎日小分けにしてメールで配信するサービス。今回は『ドグラ・マグラ』を365回に分けて、2020年12月30日まで毎日メールで少しずつ配信していきます。1回あたりの配信文字数は約1000文字程度で、標準的な読書スピードでおよそ3分程度の文量になる予定とのこと(回によって多少変動する)。 これなら気軽に読み続けられるかもしれません。

 『ドグラ・マグラ』は、構想・執筆に10年以上をかけたといわれる夢野久作の代表作で、日本三大奇書の1つ。内容の不可思議さとその長さに読了を諦める人も多いそうです。

ブンゴウメール 1日3分。あとは継続できるか

ブンゴウメール ブンゴウメール

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.