ニュース
» 2019年12月12日 19時30分 公開

アップロードできねえ…… 古いネット事情描く漫画「ホームページ作ってみたかった話」がひたすら懐かしい

公開する目的はさておいて、とりあえず作りたくなる気持ち、分かるわあ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 初めて触れたPCで“ネットサーフィン”を楽しむうちに、自分でも“ホームページ”を作りたくなった――。ふた昔ほど前のネット事情が思い出される実話漫画、「ホームページ作ってみたかった話」がTwitterで好評です。



アイキャッチ 当時中学生だった作者には、サイト制作はまだしもサーバーに上げるのが難しかったようで……

 作者のワンコロもちべヱ(@WANKOnin)さんが中学生のとき、家族共用のPCが家にやって来ました。彼女はいろいろなページを見ているうちに自分でも作ってみたくなり、お年玉でペンタブとページ作成ソフトを購入するほどネットにハマります。


1-1

 ほかの家族が使っていない間にコツコツ進めた作業が実り、作者のページはめでたく完成しました。ところが、ここで難儀な問題が発生。不慣れな彼女にはアップロードが難しく、ネットへの公開まではできなかったのです。


1-2

 それでも作者は「まあ、アップロードできなくてもいいかあ?」と、謎のポジティブ思考を発揮。公開できないページをオフラインでいじり続け、毎日更新します。そんなある日、彼女のお兄さんは、妹が何をしているのか聞いてがく然とすることに。「誰ともつながらないページ」を熱心に作っていると知って、「WWW(ワールドワイドウェブ)!!」と叫びながら崩れ落ちるのでした。お兄さんもユニークですね!


1-3

 妹の行動に不毛さを感じたお兄さんは、「お前はその世界中とつながれる箱を使って、ただ紙の日記を書き続けているのと同じ」「つながれよ」「意味がなさすぎる……」「なぜ平気なのか」とヒートアップ。息を切らしながら「存在することが耐えられない」「パソコンがかわいそう」とまで言われ、作者は「そんなに私のやってること悲しいの」と、ぽつりとつぶやくのでした。


1-4

 漫画は「兄弟そろって面白い」「『WWW!!』で吹いた」と好評。「単に『作りたい』って気持ちは分かる」「『ホームページを作りたい!』であって、『アップロードしたい』『みんなに見て欲しい』ではないんですよね」「フォロワーゼロなのに数百ツイートした自分としては親近感が持てる」など、共感の声もみられます。

 ちなみに、その後ホームページがどうなったのかは、後日に公開された続編で明かされました。アップロードを手伝ってくれたお兄さんのいたずらにより、一時は「忍者大好きのホ〜ムペ〜ジ」という原型を完全に無視した形になりながらも、無事公開されたそうです。前編と話が違いすぎる。


2-1

2-2 marqueeタグで左右に流れる文字とか、ページの構成がまた懐かしい

2-3 妹をからかうために(?)全力でダミーページを作った、お茶目すぎるお兄さん

2-4 「文字反転したら見える隠しページ(リンク)」も懐かしいですね

 なお、当時は忍者にまるで興味がなく、お兄さんに怒っていたワンコロもちべヱさんですが、ふとしたことから忍者が大好きな人たちと仲良しに。現在は「ともだちに忍者が多い人のブログ」まで立ち上げているあたり、謎の因果を感じます。

作品提供:ワンコロもちべヱ(@WANKOnin)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた