レビュー
» 2019年12月12日 11時30分 公開

「モトカレマニア」その恋愛は「恋」か「執着」か? 最終話直前、3組のカップルの“3歩進んで2歩下がる”関係を振り返る (1/2)

「マコチ、マコチ」言ってたユリカが、最終回直前「恋じゃなかったかも」って。

[寺西ジャジューカ, イラスト:たけだあや,ねとらぼ]

 12月5日に放送された「モトカレマニア」(フジテレビ系)第8話でクローズアップされたのは「執着」の2文字である。


モトカレマニア 匂わせ女に翻弄されるユリカとマコチ イラスト/たけだあや

“匂わせ”が得意技の矢田亜希子登場

 2人のこれからのことを真剣に考えよう――“マコチ”こと福盛真(高良健吾)から言われた難波ユリカ(新木優子)は、いきなり将来を意識して尽くし始めるのは重いのではないかと感じつつ、このチャンスを逃せばマコチを失うことになると考え、勝負をかけることにした。

 マコチは、別れた夫と住んでいた家を売りたいという草木染め作家・蓮沼桃香(矢田亜希子)を担当することに。サプライズでユリカにプレゼントする草木染めを教えてもらうことを目的に、桃香の個展を手伝わせてほしいとマコチは申し出た。

 一方、桃香のInstagramをチェックしたユリカは、マコチの後ろ姿が写る“匂わせ”画像を発見。桃香の元に入り浸るマコチに不安を覚え、桃香の個展会場を訪れると、寄り添い合う2人の姿を目撃してしまった。たまらず、踵を返してユリカはその場を後にする。

 帰宅したマコチに、ユリカは「マコチへの想いは恋ではなかったのかも」「自分の気持ちが信じられない」と告げた。そして「頭を冷やしてくる」と外に出たユリカは山下章生(浜野謙太)と遭遇。山下の姿を見たユリカは「何で、こういうとき来てくれるのは山下さんなのか」と泣き崩れた。

 一方、桃香は「ばかだなあ」とつぶやきながら自分の行動を振り返っていた。彼女はユリカに見せつけるために”匂わせ”をしていたのではない。全て、別れた元夫を意識しての”匂わせ”だった。


モトカレマニア なぜユリカは、ここぞというとき山下と出会ってしまうのか イラスト/たけだあや

昔の恋人を想う感情は、恋ではなく執着?

 今回、マコチに対してユリカはこんなことを言った。

 「私がもう1度マコチと付き合いたいと思ったのは恋じゃなくて、手に入らなかった過去に執着してるだけなのかも

 第8話のテーマは恋と執着。「モトカレマニア」というタイトルのドラマなのに元も子もないが、昔の恋人を想い続ける感情は「恋」じゃなくて「執着」のケースが多い。このドラマでは3組の男女がくっついたり離れたりを繰り返している。果たして各カップルが抱える感情は恋なのか執着なのか、掘り下げていきたいと思う。

 まずは、山下と来栖むぎ(田中みな実)だ。北海道に戻ってラジオの仕事を続けるか、東京に残って山下との結婚を選ぶか、むぎは岐路に立たされた。結果、「東京に戻れと言って!」というむぎの言葉を制した山下が、むぎのキャリアを尊重する形で別れを切り出した。むぎが北海道へ発った後、両者は同じように泣きじゃくった。

 山下とむぎの仲をギクシャクさせたのは、山下の同僚の加賀千鶴(趣里)。彼女は出世の見込みが強い山下に打算でロックオンするも、次第に山下に本気になった。だからこそ、山下を心配する。

 「むぎさんが好きなんでしょ? 山下さんが本当に失ったら辛い人は誰ですか?」

 その問いに無言になる山下。2人とも泣くほど相手が好きならば、遠距離恋愛でも何でもすればいいのに。思わず、そうお勧めしたくなった。山下とむぎは、明らかに執着ではない。

たいやきで執着から解き放とうとする関口メンディー

 「たぶん、(妻は)気付いてる。(さくらと)会ってること。うちに田端の小説が置いてあった。待っててほしい。絶対に幸せにするから」(和真)

 さくらに強く約束する駒込和真(淵上泰史)の薬指には、いつも指輪の跡が残っている。白々しいのだ。常に外しているのではなく、さくらと会うときだけ指輪を取っていることが跡でバレバレだから。

 なのに、さくらは開き直った。

 むぎ「はっきりさせたほうがいいです。離婚してもらうのか、もう終わりにするか」

 さくら「それ、選ばなきゃ駄目? 忘れられないのは私の勝手だし。別に、これからを望んでるわけじゃ……」

 さくらは、うまくいかなかった過去の恋愛に執着している。「待っていてほしい」という和真の言葉が信頼に足らないとわかっているのに。

 そんなさくらの前へ新たに現れた白井忠文(関口メンディー)の存在にはなごむ。変な駆け引きをしないタイプだから言葉を裏読みする必要がないし、一緒にいて楽しい。さくらとデートしているとき、さくらの携帯に和真から着信が来た。不毛な呼び掛けに引っ張られそうなさくらに気付き、「たいやき食べに行きましょう!」と白井がさくらの手を引っ張り返した場面は素敵だった。時間はかかるかもしれないが、彼がさくらを執着から解き放つのかもしれない。


モトカレマニア 初期主要登場人物相関図。関口メンディーの存在がここまで大きくなるとは!  イラスト/たけだあや

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.