レビュー
» 2019年12月12日 11時30分 公開

「モトカレマニア」その恋愛は「恋」か「執着」か? 最終話直前、3組のカップルの“3歩進んで2歩下がる”関係を振り返る (1/2)

「マコチ、マコチ」言ってたユリカが、最終回直前「恋じゃなかったかも」って。

[寺西ジャジューカ, イラスト:たけだあや,ねとらぼ]

 12月5日に放送された「モトカレマニア」(フジテレビ系)第8話でクローズアップされたのは「執着」の2文字である。


モトカレマニア 匂わせ女に翻弄されるユリカとマコチ イラスト/たけだあや

“匂わせ”が得意技の矢田亜希子登場

 2人のこれからのことを真剣に考えよう――“マコチ”こと福盛真(高良健吾)から言われた難波ユリカ(新木優子)は、いきなり将来を意識して尽くし始めるのは重いのではないかと感じつつ、このチャンスを逃せばマコチを失うことになると考え、勝負をかけることにした。

 マコチは、別れた夫と住んでいた家を売りたいという草木染め作家・蓮沼桃香(矢田亜希子)を担当することに。サプライズでユリカにプレゼントする草木染めを教えてもらうことを目的に、桃香の個展を手伝わせてほしいとマコチは申し出た。

 一方、桃香のInstagramをチェックしたユリカは、マコチの後ろ姿が写る“匂わせ”画像を発見。桃香の元に入り浸るマコチに不安を覚え、桃香の個展会場を訪れると、寄り添い合う2人の姿を目撃してしまった。たまらず、踵を返してユリカはその場を後にする。

 帰宅したマコチに、ユリカは「マコチへの想いは恋ではなかったのかも」「自分の気持ちが信じられない」と告げた。そして「頭を冷やしてくる」と外に出たユリカは山下章生(浜野謙太)と遭遇。山下の姿を見たユリカは「何で、こういうとき来てくれるのは山下さんなのか」と泣き崩れた。

 一方、桃香は「ばかだなあ」とつぶやきながら自分の行動を振り返っていた。彼女はユリカに見せつけるために”匂わせ”をしていたのではない。全て、別れた元夫を意識しての”匂わせ”だった。


モトカレマニア なぜユリカは、ここぞというとき山下と出会ってしまうのか イラスト/たけだあや

昔の恋人を想う感情は、恋ではなく執着?

 今回、マコチに対してユリカはこんなことを言った。

 「私がもう1度マコチと付き合いたいと思ったのは恋じゃなくて、手に入らなかった過去に執着してるだけなのかも

 第8話のテーマは恋と執着。「モトカレマニア」というタイトルのドラマなのに元も子もないが、昔の恋人を想い続ける感情は「恋」じゃなくて「執着」のケースが多い。このドラマでは3組の男女がくっついたり離れたりを繰り返している。果たして各カップルが抱える感情は恋なのか執着なのか、掘り下げていきたいと思う。

 まずは、山下と来栖むぎ(田中みな実)だ。北海道に戻ってラジオの仕事を続けるか、東京に残って山下との結婚を選ぶか、むぎは岐路に立たされた。結果、「東京に戻れと言って!」というむぎの言葉を制した山下が、むぎのキャリアを尊重する形で別れを切り出した。むぎが北海道へ発った後、両者は同じように泣きじゃくった。

 山下とむぎの仲をギクシャクさせたのは、山下の同僚の加賀千鶴(趣里)。彼女は出世の見込みが強い山下に打算でロックオンするも、次第に山下に本気になった。だからこそ、山下を心配する。

 「むぎさんが好きなんでしょ? 山下さんが本当に失ったら辛い人は誰ですか?」

 その問いに無言になる山下。2人とも泣くほど相手が好きならば、遠距離恋愛でも何でもすればいいのに。思わず、そうお勧めしたくなった。山下とむぎは、明らかに執着ではない。

たいやきで執着から解き放とうとする関口メンディー

 「たぶん、(妻は)気付いてる。(さくらと)会ってること。うちに田端の小説が置いてあった。待っててほしい。絶対に幸せにするから」(和真)

 さくらに強く約束する駒込和真(淵上泰史)の薬指には、いつも指輪の跡が残っている。白々しいのだ。常に外しているのではなく、さくらと会うときだけ指輪を取っていることが跡でバレバレだから。

 なのに、さくらは開き直った。

 むぎ「はっきりさせたほうがいいです。離婚してもらうのか、もう終わりにするか」

 さくら「それ、選ばなきゃ駄目? 忘れられないのは私の勝手だし。別に、これからを望んでるわけじゃ……」

 さくらは、うまくいかなかった過去の恋愛に執着している。「待っていてほしい」という和真の言葉が信頼に足らないとわかっているのに。

 そんなさくらの前へ新たに現れた白井忠文(関口メンディー)の存在にはなごむ。変な駆け引きをしないタイプだから言葉を裏読みする必要がないし、一緒にいて楽しい。さくらとデートしているとき、さくらの携帯に和真から着信が来た。不毛な呼び掛けに引っ張られそうなさくらに気付き、「たいやき食べに行きましょう!」と白井がさくらの手を引っ張り返した場面は素敵だった。時間はかかるかもしれないが、彼がさくらを執着から解き放つのかもしれない。


モトカレマニア 初期主要登場人物相関図。関口メンディーの存在がここまで大きくなるとは!  イラスト/たけだあや

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  4. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた
  10. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた