ニュース
» 2019年12月13日 19時30分 公開

せっかく芽生えた感情を必死で隠すロボット、その理由は? 天才美少女とロボの日常描く漫画がコミカルでかわいい(1/2 ページ)

2人の関係性が良き……。

[ねとらぼ]

 ロボットが芽生えた感情を必死に隠すコメディー漫画「僕はただのロボットです」が、かわいらしくてクスリと笑えてほっこりします。作者は漫画家の紅野あつ(@benino_hito)さん。

 感情のあるロボットの開発を目指している女子高生博士の西園寺美穂。大抵のものなら作れる天才の彼女でも、「人間嫌い」ゆえに研究が難航しているもよう。理論上、感情が芽生えているはずの試作ロボット「一号」は、無表情で感情らしきものは見られません。

ロボットに感情が芽生えないと思ったら……

 ……が、実は一号にはもう感情がありました。博士にそれを知られると研究のため解体されてしまいそうなので、命がけでポーカーフェースを続けていたのです。驚かせたり、怒らせたり、どら焼きをあげたり、色仕掛けをしたりと、あらゆる方法で一号の感情を引き出そうとする博士と、必死で無表情を貫く一号。漫画では2人の日常がコミカルに描かれています。

 そんなほのぼの(?)な日々も、隣の金持ち小学生が「一号を買いたい」と言い出して終了の危機に。お金に目がくらんだ博士と、感情を隠さなくていい生活に心ひかれる一号。2人がどうなってしまうのか、その結末は漫画で確かめてみてください。

 天才だけどどこか抜けていたり、大人げなく小学生を論破したりする博士はかわいく、そんな博士をなんだかんだで大事にしている一号もグッと来る……。2人はナイスコンビっぷりにときめきますね。Twitterでは「かわいい」「好き」「二人の日常をずっと見ていたい」とキュンキュンした読者からコメントが寄せられています。

 同作は紅野さんが第102回マガジン新人漫画賞で特別奨励賞を受賞した作品。少年マガジンポケットにも掲載されています。

「僕はただのロボットです」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響