福士蒼汰&菜々緒「4分間のマリーゴールド」衝撃の最終回へ 幸せの絶頂に突っ込んできたダンプカー、2人は“4分間”を超えられるのか(1/2 ページ)

原作通りでした、すみません。

» 2019年12月13日 13時05分 公開
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 「私、今、すごく幸せ。ありがとう」「俺もだよ」

 ブォーッ、ガシャーン!(ダンプカーが車とぶつかる音)。

 幸せの絶頂から突然死の間際へ。人生とは、運命とはそんなものかもしれない。福士蒼汰、菜々緒主演の「4分間のマリーゴールド」。人の「死の運命」が見える救急救命士・みこと(福士蒼汰)と、余命1年の義姉・沙羅(菜々緒)との禁断の愛を描く物語が最終章に突入した。


4分間のマリーゴールド 車内でふたりきり。幸せでおだやかなみことと沙羅のシーンから、衝撃の9話ラストへ! イラスト/まつもとりえこ

 前回のレビューで「原作のあの終盤の衝撃の展開は描かれないような気がする」と書いたが、とんでもない見込み違いだった。申し訳ない。先週放送された9話のラスト、みことと沙羅が乗っている車が突然事故に遭うのは原作の通り(車の横腹にトラックが突っ込んできて壁と挟まってしまう原作のほうが事故の具合は激しい)。

 もうちょっと遠回しにラストに着陸するのかと思ったが、ドラマでもストレートに映像化してみせた。「次週、衝撃の展開!」などと煽らなかったドラマ側の上品さが良かった。視聴率は少し上昇して7.0%。


4分間のマリーゴールド 余命一年の沙羅(菜々緒)と救急救命士のみこと(福士蒼汰)は義理の姉弟の恋の行方は? 今夜運命の最終回 イラスト/まつもとりえこ

横浜流星&桐谷健太、愛の告白

 みことと沙羅の結婚が決まり、末弟の藍(横浜流星)も希望通り調理師の専門学校に進学できそうで長兄の廉(桐谷健太)も機嫌がいい。一時はドロドロだった花巻家だが、今は全体的に調子がいい。

 「ちょっと前までゴタゴタしてたもんね。私のこととか」

 「でも、だからみんな、自分の人生見つめ直して、本当の気持ちとかやりたいことを思い直してさ、今、毎日を大事にできてるんだと思う。前向きに」

 沙羅の死の運命が解決したわけではないが、それぞれが人生は有限だと考えて、「本当の気持ち」を大事にするようになった。藍は同級生の琴(鈴木ゆうか)に思いを伝える。

 最初は「ありがとう」と感謝を伝えただけだが、積極的な琴の「あとは?」攻撃を浴びて壁際まで追い込まれる藍。そこで体勢をくるりと入れ替え、まっすぐ相手を見つめて一言。

 「俺は、琴のことが好き。……付き合ってください

 ベタだけど、これは嬉しいよねぇ。廉も負けてはいない。わざわざ金沢まで出向いて、元恋人の千冬(磯山さやか)に「本当の気持ち」を伝える。

 「俺は、俺は、またお前と付き合いたいと思ってる。……ちゃんと言おう。俺と一緒になってくれ

 普段クールな分だけまっすぐな気持ちが強く伝わる横浜流星、もともと感情の出力が高い桐谷健太に比べて、ずっと弱火なままだった福士蒼汰、菜々緒カップルだったが、こうなると負けてはいられない。海辺で指輪を渡し、キスして見つめ合う。

 「幸せになろう

 「うん、ありがとう

 笑いながら額を突き合わせるところでオープニング。アバンタイトルだけでかなりのカロリー高めだった。


4分間のマリーゴールド ひとめでわかる人物相関図 イラスト/まつもとりえこ

死の運命があるから懸命に生きられる

 「呼吸停止してから、2分以内に心配蘇生を開始すれば、助かる可能性は90%。3分で75%、4分で50%。もちろん処置は1秒でも早いほうがいいんだけど、なんとなくこの4分間って数字が運命の分かれ道のような気がして、いつも意識してる」

 みことたちが救命の講師として小学校に出向く。そこには沙羅の旧友で教師の滝沢(市川知宏)と反抗的な少年の直哉(「僕らは奇跡でできている」の川口和空)がいた。ある日、直哉をかばって滝沢が負傷、急性硬膜外血腫で意識不明に陥る。

 直哉は滝沢が大切にしていた花壇を手入れし続け、涙ながらに呼びかけると、奇跡的に滝沢が意識を取り戻した。安堵する一同だが、みことは死の運命を見ることができなくなっていた

 「それが突然見えなくなって、正直不安で。でも、今は見えなくなって良かったと思ってる。……運命って何なんだろう」

 見えなくなって良かったと思うのは当たり前のような気がするが、とにかくみことは運命を知りたいと思い、それを変えようとあがいてきた。それでも変えられないから「運命」というのだと思うのだが。みことは沙羅に語り続ける。

 「もうずっと変えられない運命を変えてみせるって、そればっかりに必死で、本当に大切なことがわかってなかった気がする」

 「大切なこと?」

 「運命が見えなくなってわかったんだ。ただひたむきに、目の前の誰かに全力を尽くすこと。そのために前を向くこと。それがきっと奇跡を起こすんじゃないかって」

 死の運命がわかるようになったときは、運命を変えることに必死だった。だけど、運命を変えるのではなく、目の前の誰かに全力を尽くすことが大切だと気づいたということだろう。ただ、運命が見えなくなったことがそのきっかけになった理由はよくわからない。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」