ニュース
» 2019年12月13日 17時10分 公開

アマゾンで「指定していないのに置き配にされた」と利用者から報告 アマゾン「対応を進めている」 (1/2)

「置き配を指定していないのに玄関先に荷物を置かれた」といった報告が寄せられています。

[ねとらぼ]

 アマゾンジャパンが一部地域で実施している「置き配指定」をめぐり、「指定していないのに置き配にされた」という報告がTwitterで複数寄せられています。

 同社の置き配指定は、購入者が在宅かどうかにかかわらず、玄関やガスメーターボックス、自転車かごなどの指定した場所に商品を届けるサービス。応対やサインは不要で、写真で配達完了を通知しています。現在は対象地域で展開中。

「置き配指定」できる場所

 再配達を減らせると期待され、利用者から「便利」との評価もある置き配ですが、SNSでは「置き配を指定していないのに荷物を置かれた」といった投稿も見られます。

 アマゾンのサポートTwitterアカウントはこうした報告に対し、「配送業者に指導する」として、カスタマーサービスに連絡するようリプライしています。

 編集部が同社に、「この問題を認識しているか」「どれくらい同様のトラブルがあったか把握しているか」「置き配指定していないのに置き配になってしまう原因と対策」「トラブルに遭った場合はどうしたらいいか、ユーザー側で事前に取れる防止策はあるか」を問い合わせたところ、 「弊社でも本問題については認識しており、調査および再発防止の対応を進めております。配達方法を選択いただけることで、お客様により便利なサービスをご提供できるよう努めてまいります」との回答でした。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.