メディア
ニュース
» 2019年12月13日 17時45分 公開

2019年最も活躍したアスリートは「羽生結弦」 笹川スポーツ財団が調査結果公表

2019年のスポーツ界をプレイバック!

[西尾泰三,ねとらぼ]

 公益財団法人笹川スポーツ財団は12月13日、アンケート結果に基づく「あなたが選ぶ! 2019年スポーツ重大ニュース&活躍したアスリート」を発表。2019年に活躍したアスリートや印象に残ったスポーツ界の重大ニュースを紹介しています。

羽生結弦 ラグビー日本代表 渋野日向子 八村塁 2019年 活躍 アスリート 2019年「活躍したアスリート/スポーツ重大ニュース」ともに1位は羽生結弦選手 写真:フォート・キシモト

 スポーツ分野専門のシンクタンクである同財団の調査結果によると、2019年に活躍したアスリートの第1位に輝いたのは、先日のグランプリファイナルの公式練習で挑戦したクワッドアクセル(4回転半)も注目を集めたフィギュアスケートの羽生結弦選手で、2年連続で首位に輝きました。

 また、チーム一丸となって躍進を遂げたラグビー日本代表は得票数2位のリーチ・マイケル選手を筆頭に、福岡堅樹選手や松島幸太朗選手(11位)など20位以内に6人(14位に稲垣啓太選手、15位に田村優選手、16位に姫野和樹選手)がランクインする結果となりました。これに続くのは、今季の賞金女王は逃すも、ゴルフ界に「しぶこフィーバー」をもたらした渋野日向子選手、NBAワシントン・ウィザーズで活躍する八村塁選手となっています。

順位 選手
1位 羽生結弦(フィギュアスケート)
2位 リーチ・マイケル(ラグビー)
3位 渋野日向子(ゴルフ)
4位 八村塁(バスケットボール)
5位 桃田賢斗(バドミントン)
6位 瀬戸大也(競泳)
7位 大坂なおみ(テニス)
8位 福岡堅樹(ラグビー)
9位 紀平梨花(フィギュアスケート)
9位 井上尚弥(ボクシング)
2019年活躍したアスリート

 同調査では、2019年のスポーツ重大ニュースもまとめており、こちらの1位もフィギュアスケート。男子シングルでは羽生選手が優勝、女子シングルでは紀平梨花選手が2位で表彰台に上がったカナダでのグランプリシリーズ第2戦が選出されています。

 その他、ワールドカップ初のベスト8入りを果たしたラグビー日本代表、白血病で闘病している競泳女子・池江璃花子選手、全豪オープンで日本人として初優勝を果たした大坂なおみ選手、日米通算4367安打の記録を残し引退したイチロー選手と記憶と記録に残るニュースが続きました。

順位 出来事
1位 【フィギュア】グランプリシリーズ カナダ大会で、男子は羽生が優勝。女子は紀平が2位に
2位 【ラグビー】日本代表、ラグビーワールドカップ初のベスト8入りを達成
3位 【水泳】競泳の池江璃花子、白血病を公表
4位 【テニス】大坂なおみ、全豪オープンで初優勝
5位 【野球】イチロー、日米通算4367安打の記録を残し引退
2019年のスポーツ重大ニュース

 同調査は、11月28日から12月6日にかけて同財団Webサイト上で実施したアンケートに基づくもので、有効回答数は3493件となっています。

羽生結弦 ラグビー日本代表 渋野日向子 八村塁 2019年 活躍 アスリート ラグビーワールドカップ2019で日本代表が初のベスト8入りを果たし、日本中が熱狂に包まれた 写真:フォート・キシモト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.